島田紳助さんの請求棄却 現代側の取材内容「信用性は高い」 東京地裁


週刊現代暴力団との黒い関係を報じられた、元タレントの島田紳助さんと吉本興業が、
「週刊現代」の発行元の講談社側に計1億6500万円の損害賠償などを求めた
訴訟の判決は「取材内容の信用性は高い」として島田さんの請求を棄却し、
吉本の請求に関しては「島田さんと暴力団との密接な関係を知りながら、
所属契約を継続した」という記載内容が名誉毀損にあたると認められ、
110万円の支払いを命じました。
「島田紳助さんの請求棄却 現代側の取材内容「信用性は高い」 東京地裁」の続きを読む…

裁判