Rihwa(リファ)ミュージックジャパンでTIGER & BUNNY挿入歌「約束」を披露

sponsored link


シンガーソングライターのRihwa(リファ)さんが、人気アニメの「劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-」挿入歌に
なっている「約束」をミュージックジャパンで披露してくれました。

Rihwaさんは、北海道札幌市出身、1989年10月4日生まれの現在23歳。
2009年から札幌を中心にライブ活動を始め、2012年1月には東京に進出。
2012年7月11日、シングル「CHANGE」をリリース、ついに念願のメジャー・デビューを果たしました。

Rihwaさんはこの「約束」について、
 
 「出来るだけリアルな気持ちで歌いたいと思ったので、私自身が、大切な人に贈る手紙を書くような想いで製作しました」
 
 「たとえ会えなくても、同じ時の中で生きていられたことに喜びを感じると思った。想いだけでも
  、人は強く繋がっていられるということを歌いたかった。」
 
 「歌詞の内容は、普段照れくさくて直接言いづらい想いを歌にしていますが、私はそういった素直な本当の気持ちが何よりも大切で、だからこそ、
 この曲はとにかく壮大なバラードにしたかった。「愛」という宇宙規模の大きなテーマを、大切な人への素直な気持ちで表現したかった。」

と、この曲に対するものすごい思い入れの感じられるコメントを残しています。

動画を見てみたのですが、ギター片手に若い女の子が歌うスタイルはYUIさんを彷彿させます。
最近は多いですよね、「トイレの神様」の植村花菜さんなんかもそうですね。

何となく未だに若い女の子がギターを担いで一人で歌っているのを見ると、少し違和感を感じてしまうんですが、古くは中島みゆきさんも若い時からギター一本で人々を魅了する曲を演奏していました。

やはり路上ライブライブからやってきた、シンガーソングライターの人たちはそれだけ、
実力があるのでしょう。

ただ楽曲をもらって歌うだけの人とは違います。それじゃあカラオケですから。
すいません。毒吐きました。

まあ、そのカラオケでも人気があるのはその本人のスター性によるところなので、タレントとしての
才能は素晴らしいのでしょう。なんてフォローじゃないですよ。

今はあまりCDが売れないので、本物のアーチストでなければ
なかなか生き残れない時代になってきています。

そんな中でも残っていくような人たちはやはり人々の心に響くような素晴らしい楽曲を
世に送り出しています。

Rihwaさんもこれからいつまでも沢山の人に愛されるような曲をどんどん出して、
国民的なアーチストになっていってもらいたいですね。

sponsored link

コメントを残す