1000隻の中国漁船が尖閣海域に18日到着

中国東海岸に待機していた1万隻ほどの漁船のうち、約1000隻が禁漁期間終了を受けて、尖閣海域に向かったそうです。

18日にも到着予定だそうですから、そろそろついているかもしれませんね。

日本政府も今回の1000隻の漁船による抗議行動にはさすがに、会場警備行動が

発令された場合に備えて、自衛艦を尖閣付近の海域に移動し始めたみたいですね。

 

なんで、いつも政府の対応はこうも遅いんでしょうかね?

いつも後手後手です。

 

あまり刺激をして、事を荒立てるのを恐れているんでしょうね。

確かに今回は中国、韓国と今までにないほど反日デモが拡大していますよね。

私は友達が今、中国に出張している友達がいるので、心配になって、

電話をしてみました。

 

どうやら、友達が働いているのところでは、まだ反日デモは

起こっていないみたいで、2,3日したら、毎年行われている

反日デモが始まるという話でした。

 

今回のデモとは関係なく毎年行われていることに少し驚きました。

友だちの話では、周りの中国人の人はデモに参加していなく、

デモに参加しているのは、デモを装った強盗だということが、

向こうでは普通の認識みたいです。

 

共産党にうまい具合に先導され、利用されているふりをして、自分たちは

日本以外の企業にも強盗を働いているのですから、そりゃ恐ろ賢いというか、なんというか…

 

友達は今、空港に向かうのはあまり懸命じゃないので、その好例のデモが終わるまで、

しばらく待機しているとのことでした。

 

やはり、身近な人がそういう状況にいると、政府の対応がイライラして仕方ないですね。

早く日本人を保護する動きを見せてくれたらいいのに、それぐらい緊迫し始めています。

まあ、戦争はどの国も起こさないとは思いますが、まだまだデモは収束しそうにないですからね。

ホント、頼みますよ野田さん。