JUJU「新堂本兄弟」1年4カ月ぶり4度目登場 そんなJUJUの本名、年齢は?彼氏は?

sponsored link


シンガーソングライターのJUJUさんが、1年4カ月ぶり4度目となる「新堂本兄弟」に出演します。
今回は「JUJU鱗に触れたイラッとエピソード」と称して、出演者全員のイラッとしたエピソードを
語っていきます。楽しみですね。

そんなJUJUさんとはどんな方なのか?
JUJUさんは1976年2月14日生まれの現在36歳。

広島で生まれ、12歳でジャズシンガーを目指し学生時代に、DJなどの音楽活動を始め
18歳の時に単身渡米。

ニューヨークで出会った作家のE-3やDJ HIROnycらと作り始めた音楽作品が、日本で評判を呼び始め
2004年発売のメジャーデビューしました。

しかしデビューシングルと2ndシングルともに売れず、
その後2年間は作品のリリースを凍結します。

2年間の暗中模索を経て、最後のメジャーリリースとの覚悟で2006年11月にリリースした
『奇跡を望むなら…』が大ヒット、2007年USEN年間総合チャート1位を記録しました。

2009年には『明日がくるなら』が映画『余命1ヶ月の花嫁』の主題歌に起用されて、
2009年の年間配信チャート1位を記録し、配信累計300万ダウンロードを突破するという
快挙を成し遂げました。

JUJUさんの本名は「じゅん」という名前の方はテレビで公表していたのですが、
ネットで明らかになった苗字は園田、「園田淳」という本名だと記されています。
「JUJU」
という名前にしたのは、ウェイン・ショーターのアルバム『JuJu』からとったそうです。

何でもレコード会社から芸名を早く決めるように迫られていた時に、ニューヨークの路上で
『JuJu』を収録したカセットテープが売られていたのを見てきめたそうです。
結構簡単に決めたんですね。

去年の6月にはひげをたくわえたモヒカンの、切れ長の目をした細面のイケメンと
手をつないで歩いていたと週刊誌に報じられています。
関係者の話では、

「いまのカレは年下で結婚前提のつきあい。少し前からJUJUのマンションで一緒に暮らし始めたそうです。」

とのこと。
目撃したデート中も結婚に向けて新居探しのため、不動産店を訪れていたそうです。
これはそろそろおめでたい情報が入ってきてもおかしくないかも知れませんね。

今年10月10日に発売になった、22枚目のシングル「ありがとう」は
今注目の若手俳優、松坂桃李さん初主演映画「ツナグ」主題歌に起用されました。

この「ありがとう」は「奇跡を望むなら…」の以前に完成されていて、
ファンの間でも幻の名曲といわれている、7年間も温め続けた名曲なんだそうです。
たまらないですね。
かけがえのない人に出会えた感謝の気持ちを歌にしたJUJUの真骨頂の感動バラードです。

カップリングの「くちづけ」は、あの松井五郎さん作詞、EXILE「Ti Amo」の作曲、
そして日本レコード大賞を受賞したJin Nakamura作曲の大人なラブソング。

女優の杏さんが出演する「トルタ」のCMソングに決まっているそうです。
これからも数々の名曲を世に送り出してくれることを期待します。

juju「ありがとう」

sponsored link

コメントを残す