川村泰久NY首席領事 米TVで尖閣諸島の領有主張


在米日本領事の川村泰久氏が地元テレビ局の「Inside City Hall」という、
番組に出演し、
「尖閣諸島は歴史的にも国際法的にも疑いなく日本固有の領土だ」
「経済大国である日中両国は世界秩序と繁栄のために責任を持っている」
など、尖閣諸島についての日本政府の立場を主張しました。
「川村泰久NY首席領事 米TVで尖閣諸島の領有主張」の続きを読む…

反日デモ 中国当局からデモ隊に「報奨金」

当局の「鶴の一声」で収まったデモだけに、実は「官製」だったのではないか――。こんな見方を裏付ける報道が徐々に出ている。

例えばミニブログ「微博」で、警察学校に通う生徒が学校側からデモ参加を命令されたと書き込んだと、9月20日付の日本経済新聞電子版が伝えた。上海では当局がバスを用意し、デモ隊を日本総領事館前に輸送したという。極めつけは、福建省のデモに参加した男性が、「100元(約1250円)をもらった人がいる」との証言だ(共同通信9月20日付)。事実であれば当局が金銭を払って動員をかけたことになる。

尖閣の周辺海域で操業するために集まった漁船に対しても、「カネ」が動いたという話が出ている。中国浙江省の船主が読売新聞の取材に、尖閣に向かう漁船に「当局から10万元(約125万円)の補助金が出る」と明かした。地元の漁業規制当局によるもので、複数の船主が認めたという

情報元 j-castニュース: 2012/9/21 19:32

あまりにも早い沈静化にかなり違和感を感じていたのですが、やはりそういう話がちらほら
出てきているみたいですね。

まあ、大体の人は乗せられただけなのでしょうけど、最初に煽ったのは当局で間違いなさそうです。
でも、あまりにも煽られた人たちがめちゃくちゃをやらかして、日本以外の企業まで襲って、
強盗を始めたもんだから、焦って早めの沈静化に向かったのでしょう。

「ロレックス」や「クリスチャン・ディオール」などの一流企業を襲ってしまったのは、
当局としても計算外だったのではないでしょうか。
あまりにも中国のイメージを悪くする結果になった気がします。
やはり一般市民の方はかなりの鬱憤を抱えているのではなかと思います。
そういう憤りが当局の方に向いてくれると、民主化の動きに変わっていってくれるんですが。

確か今回のデモで先頭を切って人々を誘導していた人が、平時は反共産党の運動家の方で、
いつもは絶対に中国メディアで報道されることはないのに、
今回反日を掲げることによって、一躍英雄的に取り上げられたみたいなので、
これがその人達の作戦なら、ここから反共産党の動きに変わり始めるかもしれません。

まずは、人々に自分たちの存在を知ってもらうことから始めたのかもしれません。
あれだけの大国で、かなりの情報統制が行われているので、なかなか人々が
”真実”を知ることは難しいと思いますが、このような方々の力によって、
素晴らしいい国に変わっていってくれることを願います。

中国、新たな報復措置を示唆

【北京時事】中国外務省の洪磊・副報道局長は18日、日本人2人が沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)の魚釣島に

上陸したことについて談話を発表、日本側に厳正な申し入れを行うとともに

「中国側はさらなる措置を講じる権利を留保する」と述べ、新たな報復措置を示唆した。

時事通信  9月18日(火)14時13分配信

昨日中国漁船1000隻が尖閣海域に向かったニュースをお伝えしたと思ったら、

今日は日本人2人が魚釣島上陸し、そして報復措置の示唆、

なんかどんどんヒートアップしていますが、大丈夫なのでしょうか?

満州事変につながる柳条湖事件から81年を迎えた本日18日には

北京市の日本大使館前で数千人規模のデモが行われているそうです。

このまま緊張状態が続いていった時に日本の弱腰外交で、ちゃんと対応できるのか

すごく心配です。

だからといって、石原さんみたいに保守派の人が、ここぞとばかりに出ていっても、

余計に火に油を注ぎそうですが、どっかで日本の毅然とした態度を見せないことには、

世界に示しがつかないですからね。

まあ、今まで、尖閣にしても、竹島にしても問題を棚上げして、先送りしてきたツケが

得ているのかもしれません。

まあ、そのまま永久に先送りしておけば一番良かったなんて意見も聞きますが、

中国はいづれ尖閣や沖縄を狙って動き出したことでしょう。

 

そろそろ、日本政府の遺憾の意が発動される頃かな?

1000隻の中国漁船が尖閣海域に18日到着

中国東海岸に待機していた1万隻ほどの漁船のうち、約1000隻が禁漁期間終了を受けて、尖閣海域に向かったそうです。

18日にも到着予定だそうですから、そろそろついているかもしれませんね。

日本政府も今回の1000隻の漁船による抗議行動にはさすがに、会場警備行動が

発令された場合に備えて、自衛艦を尖閣付近の海域に移動し始めたみたいですね。

 

なんで、いつも政府の対応はこうも遅いんでしょうかね?

いつも後手後手です。

 

あまり刺激をして、事を荒立てるのを恐れているんでしょうね。

確かに今回は中国、韓国と今までにないほど反日デモが拡大していますよね。

私は友達が今、中国に出張している友達がいるので、心配になって、

電話をしてみました。

 

どうやら、友達が働いているのところでは、まだ反日デモは

起こっていないみたいで、2,3日したら、毎年行われている

反日デモが始まるという話でした。

 

今回のデモとは関係なく毎年行われていることに少し驚きました。

友だちの話では、周りの中国人の人はデモに参加していなく、

デモに参加しているのは、デモを装った強盗だということが、

向こうでは普通の認識みたいです。

 

共産党にうまい具合に先導され、利用されているふりをして、自分たちは

日本以外の企業にも強盗を働いているのですから、そりゃ恐ろ賢いというか、なんというか…

 

友達は今、空港に向かうのはあまり懸命じゃないので、その好例のデモが終わるまで、

しばらく待機しているとのことでした。

 

やはり、身近な人がそういう状況にいると、政府の対応がイライラして仕方ないですね。

早く日本人を保護する動きを見せてくれたらいいのに、それぐらい緊迫し始めています。

まあ、戦争はどの国も起こさないとは思いますが、まだまだデモは収束しそうにないですからね。

ホント、頼みますよ野田さん。