小林可夢偉 F1初表彰台を獲得! あびる優、ブログで「感動しました」


F1シリーズ第15戦、日本グランプリが7日(日)、鈴鹿サーキットで行われ、
ザウバー・フェラーリの小林可夢偉選手がなんと日本人過去最高タイの3位に入賞。
1990年日本グランプリの鈴木亜久里選手、そして2004年米国グランプリの佐藤琢磨選手に続き、
日本人3人目の表彰台となりました。

日本グランプリに限っては日本選手が表彰台に立つのは、1990年3位の鈴木亜久里選手以来の、
なんと22年ぶり。

日本グランプリまでの6度の入賞は伊達じゃないですね。
「小林可夢偉 F1初表彰台を獲得! あびる優、ブログで「感動しました」」の続きを読む…

メルセデス・ベンツ、EV発表 世界で最も強力な電気自動車

メルセデスベンツは9月27日、フランスで開幕したパリモーターショー12において、『SLS AMGクーペ エレクトリックドライブ』を初公開した。
同車はスーパーカー、『SLS AMG』をベースにした市販EVバージョン。これまで、『SLS AMG E‐CELL』の名前で開発されてきたが、市販版はメルセデスベンツのEVシリーズ、「エレクトリックドライブ」の名を冠して登場する。

注目のEVパワートレインは、4輪の近くに独立した4個の小型モーターを搭載。トータルで最大出力750ps、最大トルク102kgmを発生する。これは、プロトタイプのSLS AMG E‐CELL の533ps、89.7kgmに対して、217ps、12.3kgmもの上乗せだ。

二次電池はリチウムイオンバッテリーで、エンジンベイ後部、センタートンネル、シート後方の3か所に配置。蓄電容量はトータル60kWhと、SLS AMG E‐CELLの48kWhよりも容量が12kWhアップした。

SLS AMGクーペ エレクトリックドライブは、発進時から102kgmもの最大トルクを引き出す。このモーターの特性を生かし、0-100km/h加速は3.9秒と、ガソリン仕様のSLS AMGと同等のパフォーマンスを実現している。

《レスポンス 森脇稔》

電気自動車になってもベンツはベンツということでしょうか。
果たしてこれほどのスペックが必要なのかどうか。

今回の特別装備として、押すことによって、AMGの典型的なエンジン・サウンドが
状況に応じて発せられるというもの。キャビンのまわりにある11のスピーカーによって合成
サウンドが奏でられるという仕組みなんだそうですけど、そこまでこだわるなら、
ガソリン車のベンツに乗ればいいのにと、率直に思います。
電気自動車に乗るのに往生際が悪いというか、中途半端というか…
せっかくEVに乗るのなら、EVの良さを全面に押し出して欲しいと思います。

それにしてもおよそ4,165万円とは恐れ入ります。
EVにして浮く燃料コストはいつになったら取り返せるのでしょうか。

それにしてもこんなに電気を食うのにどれくらい走れるのでしょうか?
ちょっと走って充電なんて使えないですよね。
どれくらいバッテリーの性能を上げられるかどうかにかかっているでしょう。
早く実車を見てみたいですね。