9月26日のザ!世界仰天ニュース桶川ストーカー事件の当時の警察の対応

sponsored link



9月26日OAのザ!世界仰天ニュース桶川ストーカー事件の当時の警察の対応について、

怒りの声がかなり上がっているようです。

桶川ストーカー事件とは

1999年10月26日に埼玉県桶川市の高崎線桶川駅前で、女子大生(当時21歳)が元交際相手(当時27歳)と
その兄が雇った男によって殺害された事件です。

当時、ストーカー規制法のきっかけとなった事件です。

集団でいやがらせをしてくるストーカーたちに見の危険を感じた、被害者本人とその家族が何度も埼玉県上尾暑に足を運んだが
警察は全く動こうともせず、加害者を「告訴」する旨の記載を被害の「届出」に書き換えたりなど、
信じられない対応をし、事件発生後、警察への非難をかわすため、事件そのものを闇に葬ろうとしました。

あまりの警察の対応の酷さに当時も非難が集中したのですが、今回の世界仰天ニュースで、当時の記者会見の
映像が流された事によって、視聴者からは

「何の為の警察?とすごく腹がたちました」
「見ていてただひたすら悔しかったです」
「警察の対応にはムカつきました」

などの怒りの声が収まりません。

実際その映像を見てみたのですが、どうしてあのような会見ができるのか、ちょっと頭の方を疑いたくなるような
態度です。

全く責任を感じてないどころか、事件を馬鹿にしているようにも感じます。
それとも十分責任が有ることを承知していて、なるべく自分たちには責任がないように見せるための
演技なのでしょうか。

それにしてもあのような人たちが、正義のために戦う警察だというのですから、
世も末だと感じずにはいられません。

今までどれだけ日本の安全神話に騙されてきたことか、あれじゃ犯罪組織と何ら変わりません。
逆に権力を傘にかけている分、余計たちが悪いです。

やはり公権力には国民のためにマスコミさんにしっかり監視してもらわなければなしません。
最近のマスコミには全く期待はしてませんが、この事件で独自に殺害犯人グループを特定し、
追い続けたフォーブス記者のように警察にもマスコミにも本気で頑張ってもらいたいものです。

 

桶川ストーカー殺人事件

sponsored link

コメントを残す