24時間テレビ2013 司会は嵐 日テレ60周年メインパーソナリティ 嵐に頼りすぎ?画像

sponsored link

嵐
2013年24時間テレビメインパーソナリティに2年連続で嵐に決まりました。
これで通算4回目のメーンパーソナリティーですね。

それにしても嵐は働き過ぎなのでは?と心配になるほどの活躍ぶりですね。
年末年始もテレビ出突っ張りですし。

嵐

ネットユーザーからも、日テレは嵐に頼りすぎなのでは?との声があがっています。
まあファンからしたら、少しでも沢山嵐が見れるので嬉しいでしょうけど。

昨年は35回目となる「24時間テレビ35 愛は地球を救う」4年ぶりのメインパーソナリティーで、
「未来」をテーマに日本全国「ダーツの旅」や、松本潤さんが高校の吹奏楽部の指揮をしたり、
二宮和也さんがスペシャルドラマ「車イスで僕は空を飛ぶ」に主演したり、それぞれの個性を生かして大奮闘しました。

二宮和也

中でも話題だったのが、「嵐に生ドッキリ」コーナーで、大野智リーダーが俳優の神保悟志さんに、
インドに古代から伝わる「メンティラマッサージ」と称して、オネエ言葉で責められるというもの。
もちろん神保さんはオネエではありませんが、迫真の演技で完全に信じさせていましたね。

大野智

企画的には面白いのですが、チャリティー番組の企画としてはどうなのか?という意見もみられました。

2012年の24時間テレビの放送中に集まった募金は2億8240万4461円だったそうです。

しかしネットでは、24時間テレビの制作費が約40億円にも上ると噂されていて、

「40億そのまま寄付するのが一番合理的では」
「スポンサーが出してる金がでかいから大丈夫だろ」

などの意見がみられます。

これはどうやら、24時間テレビ内で流れた、通常放送されている「報道ステーション」や「SMAP×SMAP」などの個々の制作費を計算して算出されたものみたいです。

40億円は大げさなようですが、数十億円かかっているのは本当のようです。

嵐

まあ、24時間テレビをやらなくても、かかる制作費なので、24時間テレビを批判するものに当たりませんが、なんか合理性を欠いた印象は否めません。

しかし、テレビ局側からしたら、「儲かりもしないのに、チャリティのためだけに24時間番組をやるわけ無いじゃん」というのが、正直なところなのではないでしょうか。

確かに本気でチャリティを考えれば、番組を自粛したりして、制作費を少なくし、その分寄付に回せば、
もっと募金額は上がりますからね。

テレビ局側からしたら、ちゃんと番組をやりながら、2億円以上募金が集まったんだからいいだろ的な考えなのかも知れません。

ちょっと邪推し過ぎですかね。(笑)

嵐

何もしないよりは、2億円以上寄付したほうがいいのは確かですが。
それで、かなり儲けていたとすると、感じ悪いですね。

儲かっているのかどうかはわかりませんが。

とにかく嵐には、体に気をつけて今年もメーンパーソナリティーを、立派に務め上げてもらいたいですね。

sponsored link

6件のコメント

  • かめこ

    今の嵐がここまで人気者になるまで、日テレがかなり貢献しているのです。
    日テレが嵐を育てたと言っても過言ではないんですね。
    働きすぎでは、と心配する声もありますし、ファンの皆さんも嬉しい反面、彼らの体が心配だと思います。
    でも、30才前後というのは一般社会人なら誰でも激務の中にいます。
    なぜかアイドルなのに不思議に社会性のある嵐は、きっと仕事をきっちりこなすと思いますよ。
    彼らが出ることで注目され、我々日本人が知らなければならない部分にスポットが当てられるのです。
    そして心を動かされ、行動を起こす人が必ず出てきます。
    そういう即お金にならない貢献も、ある意味ではチャリティと言えるのではないでしょうか?

  • 友樹

    今年も24時間テレビをよろしくお願いします

  • 翔子

    嵐は本当に人気者、24時間テレビも4回目で史上最多。
    嵐にしかない人気ですよね。

  • さとし

    今年の24時間テレビ,期待しています。さすが、嵐ですよねー。とっても、楽しみにしています。特に、24時間テレビドラマは本当に楽しみにしています。大野君がいいなー。ぜひ、ぜひ。それから、マラソンランナー歯、嵐の誰かでお願いします。個人的には、大野君がいいですけど。ぜひ、2013年、24時間テレビ見てください。見て損はないと思います。っていうか、見たほうが得だと思います♪

  • 今年の24時間テレビも感動あり、涙ありの24時間テレビに、してもらいたいので、嵐の皆さんには、頑張ってほしいと思います。

  • カッケーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す