若田部遥 
HKT48の”わかはる”こと若田部遥さんが右足の親指を骨折して、
ケガの完治まで劇場公演をお休みするそうです。
若田部さん曰く、

 「立ったり、座ったり、歩いたりなどの普通に生活をするぶんには全然問題ないのですが、
 病院でジャンプやターンなどの足に負荷をかける動きはダメだと判断されました」

とのこと。
また、

 「たくさん睡眠をとって、健康な食事をして、体力が落ちないように足に負荷のかからない運動をして、
 一日でも早く完治できるように頑張ります!」

とコメントしています。
どうやら大したことは無さそうですね。
ファンにとっては一安心というところでしょう。

骨折といってもギブスも包帯もしていないそうです。
レッスンをしていた時に、

 「あれ?なんか痛いなー。」

と感じて病院へ行ったら折れていたそうです。
なんかのんきですね。(笑)

 「あのステージでパフォーマンスができなくて、みなさんに会えなくて、
 なんか、心にポッカリと穴が空いたかんじです。」

と少し気持ちのほうが落ち込んでしまったようです。
早く元気な姿で戻ってきて欲しいですね。

若田部遥さんは御存知の通り、元ダイエーなどで活躍した若田部健一さんと、
福岡でローカルタレントをしている徳丸佳代さんの娘さん。

6月にソフトバンク-DeNA戦で父、健一さんががバックネット裏で見守る中始球式を務め、
話題となりました。

1998年9月26日、福岡県生まれのAB型。
趣味は読書なんだそうです。
特技は水泳、ダンス、スキーとかなりアクティブですね。
身長も165cmもあり、父親譲りの運動神経の良さを伺えます。
チャームポイントは、ほっぺたが柔らかいことだとか。
お茶目ですね。

そんな若田部さんの復活を心よりお待ちしています。

記事の内容は気に入っていただけましたか?

この記事を気に入っていただけましたら、ソーシャルメディアボタンで共有していただけると幸いです。
     

コメントを残す