高須克弥 フリーメイソンに入会 西原理恵子と会合に出席 アイスホッケー代表選手に現ナマ1億円寄付? 年収は?腹筋画像

sponsored link

昨年、漫画家の西原理恵子さんと熱愛が報じられた
美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥件院長(68)が、アイスホッケーの日本女子代表選手に現金1億円を寄付しようとして話題となっています。


関連記事:西原理恵子さん、高須クリニック院長と熱愛 不適切発言の真相は

日本アイスホッケー連盟のスポンサーを務める「高須クリニック」の院長、高須克弥さんは、ソチ冬季五輪出場を決めた女子代表選手にソチオリンピック出場のごほうびとして、現金1億円を寄付しようと画策。

直接選手に手渡ししようと銀行で1億円を用意しました。

高須克弥

4月7日から行われる世界選手権の公式会見で渡そうとした高須院長ですが、
日本アイスホッケー連盟から断られてしまい、会場に入れてもらえなかったようです。

大学時代の恩師でもある奥住恒二会長(71)から、

「高須さんが会場にいると記者たちの関心が選手に向かなくなるので会場に入らないでほしい」

と懇願され、かなりご立腹だったようですが、

高須院長は、

「奥住さんじゃなかったら、たたいて帰っていた」

とコメント。

仕方なく高須院長は、会見を終え会場を出た選手たちに1本約2万円という金入りの美容液を手渡しでプレゼントしました。

高須克弥

アルバイトをしながらひたむきに競技に打ち込む選手たちに、

「1億円は“もうお金のことは心配ないから頑張れ”とのメッセージなんです」

と、支援に対する気持ちを語った高須院長。

本当に力になりたくて仕方ないようですね。

しかし、日本アイスホッケー連盟からすると、他の協賛スポンサーに示しがつかないとのこと。

高須克弥

高須院長だけ特別扱いはできないという考えがあるようです。

まあこれだけ派手にやれば、

「このままでは『スマイルジャパン』ではなく『高須ジャパン』になってしまう…」

という、関係者の意見もあながち間違いではないように聞こえます。

ちゃんと日本連盟と協議した方法で支援を続けたほうがよさそうですね。

そんな高須院長ですが、最近ではあの秘密結社ともウワサされる
「フリーメイソン」に入会したとツイッターで発表し話題を呼んでしました。

高須院長は、フォロワーからのフリーメイソンに対する質問にどんどん答えてしまい、そんなに暴露しちゃって大丈夫?と心配されてしまうくらい、公にしているようです。

西原さんと2人で会合に出席する写真もツイッターで公開しています。

高須克弥

どうやら西原さんはフリーメイソンの偉い人たちに人気があるんだそうで、

「西原理恵子は白いコート着てフリーメイソンのパーティーに来てた。何を計算しとったんだろ?」

と、心配する様子も伺えます。

西原さん、なにか企んでいるのかもしれませんね。(笑)

フリーメイソンは実際「社交クラブ」や「紳士クラブ」のようなもので、
世間で噂されているような、秘密組織などとは程遠いようです。

まあ秘密組織にこんなに気楽に入ることなど出来ないでしょうしね。

高須克弥

そして気になるのが高須院長の年収なんですが、
ネットでは50億円とも言われていますね。

昔美容整形を始めた頃は、施術料が十数万円もする包茎手術の患者さんが、
最高で1日300人も訪れたそうですから、今はそれくらいあっても不思議ではありませんね。

新しい技術を導入する時は、全て咲きに自身の体でためしてみるという
高須院長は、腹筋をムキムキに見せる手術を行ない話題になっていました。

高須克弥

確かにムキムキに変わっていましたけど、脂肪を成形して作っているそうで、
まったく筋力はないんですね。

あれがただの脂肪と考えると、なんか不自然な感じも受けないことも
ありませんが…

まあ、それでも手術を受けたい人はいるでしょうし、
人それぞれでいいと思います。

いつも話題を振りまいてくれる高須院長。

これからも元気に大暴れして、みんなを楽しませてくれることを期待しています。

sponsored link

コメントを残す