馬場幹人容疑者(39)ら8人を無許可営業容疑で逮捕

sponsored link



東京・六本木のクラブで9月、客の男性=当時(31)=が男らに襲われ死亡した事件で、この店が無許可で客にダンスや飲食をさせていたとして、警視庁生活安全特別捜査隊などは1日までに、風営法違反容疑で経営者の馬場幹人容疑者(39)=埼玉県戸田市本町=ら8人を逮捕した。同隊によると、同容疑者は容疑を認めている。
店は事件が起きた9月2日まで「FLOWER」の名で営業していたが、休業後の同月21日からは「STUDIO GATE」に変えて再開。1日当たり約600万円の売り上げがあったという。
逮捕容疑は同月30日未明、港区六本木のビル2階で、同法の営業許可を受けずにDJブースなどを設置して客にダンスをさせ、飲食させた疑い。

(時事通信 10月1日)

あの目出し帽をかぶった約10人の男に金属バットでめった打ちにされたあの事件のあった店ですね。
犯人たちの映像は公開されていますが、一向に捜査進展の情報は入って来ません。
そんな折の逮捕です。

事件があって20日ぐらいですぐ同じような店を再開するのもどうかと思いますが、
それにしても店舗内にDJブースなどを設けて、
無許可で酒を提供していたことに対しての風営法違反で馬場幹人を含む8人も逮捕されると
いうのは何か臭いですよね。

普通は警告や営業停止処分ぐらいで済むのではないでしょうか。
おそらく犯人グループとの接点などが疑われているのかもしれません。

あの事件、9月2日午前2時40分ごろ、六本木の交差点付近からおよそ200メートルほど離れた雑居ビルの2階にある
クラブ「フラワー」前の路上に、2台のワゴン車が止まっていました。
約1時間ほどしてから、鉄パイプのようなものを手にし目出し帽をかぶったジャージ姿の若い男9人が車から次々と降りてきて、
同店に向かい、200人以上の客でごった返している店内を迷うことなく藤本さんが座る奥のVIP用の席に直行し
約1分間、無言で藤本さんの頭部9人でを殴り続けました。

こんな大胆な犯行にもかかわらず未だに捕まらないのは、よほど用意周到か、
かなり大きな組織などが絡んでいるのかもしれません。

ネット上では警察関係者の話として、
08年3月の事件とは、東京・新宿区の路上で在日韓国人の男性(当時32)が目出し帽の5~6人の若い男たちに
襲われて死亡した事件”新宿事件”の首謀者とされるXを狙った襲撃だったと語られています。

Xは、元暴走族グループのリーダーで以前は暴力団組織にも所属していた事もあるそうです。
やはり暴力団につながってくるんですね。

そして昨年12月に六本木で、”半グレ集団”と呼ばれている20数名ほどの不良集団が、
山口組系暴力団幹部4人をビール瓶などで襲い、重症を負わせた事件も発生しており、
どうやらこの事件も関係していると警察は睨んでいるそうです。

早く事件が解明されるといいですね。

sponsored link

コメントを残す