須藤理彩 旦那の病気,脳腫瘍手術成功 ドラマ「シェアハウスの恋人」に劣化?太った?

sponsored link

須藤 理彩
2月11日放送の日テレ「開局60年特別番組海を渡ったサムライ&なでしこ世界が認めた日本人に感謝状SP」の出演の須藤理彩さん(36)。

2月3日には旦那さんである川島道行さんの腫瘍切除手術が無事成功したことを報告しています。


須藤理彩さんの旦那さんは、BOOM BOOM SATELLITES(ブンブンサテライツ)というユニットのギター、ヴォーカルを担当している方で、昨年末に、脳腫瘍との診断を受け、今年1月15日に手術を行いました。

川島道行

そして、2月3日に取材に応じた須藤さんが、

「手術は無事に済みました」

と安堵の様子で語ったそうです。

本当に良かったですね。

川島さんの腫瘍はまだ初期段階だったので、現時点では問題な買ったそうですが、
医師と相談の上、早期の手術に踏み切ったそうです。

川島さんの復帰時期についてはまだ決まっていないみたいです。

川島さんの所属するユニット、ブンブンサテライツ(BOOM BOOM SATELLITES)は川島さんと中野雅之さんで結成されたテクノユニットで、1997年にヨーロッパでデビュー、先行発売されたシングルCDが、専門誌メロディーメーカーで、

「(世界的ダンステクノユニットの)ケミカル・ブラザーズ以来の衝撃」

と絶賛されたほどなんだそうです。

川島道行

ヨーロッパ各地の大型フェスや、アメリカツアーなど欧米で活躍していて、

「オリバー・ストーンら映画界でも評価されている。ロックやテクノといったジャンルにとらわれない迫力あるビート・サウンド」
(音楽誌編集者)(引用元 ZAKZAK)

BOOM BOOM SATELLITES

須藤さんと川島さんが結婚したのが2006年、須藤さんが30歳の時にいわゆる”できちゃった結婚”で、
ゴールインしました。

まあ、できちゃった結婚と言っても、6年間付き合っての妊娠なので、一つのきっかけに過ぎなかったのかもしれません。

2007年1月30日に長女を出産、2011年10月20日に次女を出産しています。

須藤理彩

次女出産時に公式サイトにて、

生命の誕生という、奇跡的な瞬間を人生で二度も経験することが出来、幸せを噛み締めているところです。
私達家族の元に来てくれたことに感謝し、そして改めて子供達に明るい未来が訪れるよう、全力で向かい合っていきたいと思います。
まだまだ未熟ではございますが、今後とも変わらず皆様のご指導頂きながら、日々成長していきたいと思います。

と、コメントしています。

まだお子さんも小さいのに父親である川島さんがたおれられたら、大変なことですので、ゆっくり静養して、
また、子どもたちの明るい未来のために、幸せな家庭を築いていって欲しいですね。

須藤理彩

最近はドラマ「シェアハウスの恋人」で、谷原章介さん演じる櫻井雪哉の妻、櫻井真希役で出演しています。

そんな須藤さんに、太ったのでは?劣化したのでは?との噂も出ていますが、
二人のお子さんのお母さんでこれだけの美しさを保てれば、旦那さんも喜ばしいのではないでしょうか。

須藤理彩

まだまだ、これからも素晴らしい演技を見せてくれることでしょう。

sponsored link

コメントを残す