韓流ブーム10周年記念事業 TBS、ポニーキャニオン、エスピーオー、共同通信など7社 韓流活性化に向け ゴリ押し?ネット嫌韓ユーザーと真っ向勝負?

sponsored link

韓国ドラマ「冬のソナタ」など、一大センセーションを巻き起こした韓流ブームの
10周年記念事業を、TBSやポニーキャニオンなど日本企業7社で行うと発表されました。

ネットユーザーからはかなりの反響が出ているようです。


韓流ブーム10周年を記念してTBSやポニーキャニオン、エスピーオー(SPO)、
共同通信など日本企業7社で発足した10周年実行委員会により、日本の韓流ファンによる韓国ドラマの作品賞ベスト5、男女俳優賞ベスト3などを選出し授賞式を行ったり、人気韓国ドラマの再放送や韓流関連本の出版なども推進していくんだそうです。

最終的には放送局や広告代理店など、100社以上を事業に参入させるつもり
だとか。

韓流ブーム

最近あまり韓流ブームって聞かなくなりましたよね。

2003年4月に放送された「冬のソナタ」で「ヨン様ブーム」が、巻き起こり大変な騒ぎになっていました。

その後、韓流ドラマから「東方神起」「少女時代」「KARA」などK-POPブームが巻き起こりたくさんのアーティストが日本に訪れるようになりました。

韓流ブーム

そしてブームが加熱するにつれ、韓流に対しアンチの意見も出てくるようになりました。

高岡蒼佑さんのTwitterでの発言や、ふかわりょうさんのラジオでの発言から
始まり、ネットではテレビでの過剰な韓流ブームに対し、嫌韓ブームなるものも起こり始めます。

高岡蒼佑

その後はテレビ局前での抗議デモや、 NHK紅白歌合戦のK-POP排除などいろいろな問題が起こり、最近では在特会による新大久保での反韓デモが物議を醸していますが、メディアでの韓流ブームはかなり下火になっている印象を受けます。

昨年末に韓国の中央日報は海外9カ国で外国人約3600人を対象に「韓流と韓国のイメージに関する実態調査」を行ない、日本では「韓流は、既に終わった」と答えた人が41%に上ったと伝えています。

一時期はテレビでK-POP歌手を見ない日はなかったですよね。

それに比べれば最近はほとんど見ないですね。

なんか韓流ブーム活性化なんてやると、問題をまた大きくするだけのような気がしますが、どんな意図が隠されているんですかね。

デモ

ネットでは早くも、

「神経を逆なでする、懲りない面々」
「わざとなの?w」
「韓流ブームで何周年とか意味判らん(笑)本当は韓流売り込み十周年だろ。」
「本当にしつけーなw当時、冬ソナのベタ過ぎて古臭くて懐かしい所にハマッたってオバちゃん達もとっくに飽きちまったよw」
「嫌韓ブームが下火にならないように燃料投下か。ご苦労なこった。」

など、かなりの反応が上がっています。

またいろんな人がこの件についてコメントして、
あちこちで炎上するんだろうな~。

sponsored link

コメントを残す