阿部寛さんがパチプロ!? 再起のキッカケは「あの人は今」

sponsored link


今飛ぶ鳥を落とす勢いの人気俳優「阿部寛」さんが、実は昔3年間のパチプロ生活を送っていたと告白して、話題をよんでいます。

信じられませんね。
しかも再起のキッカケになったのは「あの人は今」というあの番組だそうです。

いや~、そんなイメージは全然ないです。
昔良く笑っていいともに出ていて、タモさんにすごく気に入られていた記憶があります。
あの頃から順調に俳優に転職していったんだと思っていましたが、やはりそんなには甘くはないんですね。

モデル出身ということで、デビュー作『はいからさんが通る』ではかなり差別も受けたとか。

しかし、阿部さんは腐らず、
高倉健さんが出演するドラマに自ら、

 「名前の付かない役でもいいから出してほしい」

と願いでて、演技の勉強をしていたそうです。
く~泣けますね。

そして、地道な努力を続けていった結果、1993年につかこうへいさんの舞台でバイセクシュアルの主人公を好演、
それまでの長身二枚目俳優から、実力派俳優への足がかりを掴んだそうです。

そういえば阿部さんてモデル出身なのに、イメージは演技派の印象があります。
やはりそこには血のにじむような努力があったのでしょうね。

ホント男から見ても惚れてしまうかっこ良さがあります。
今年は3本の映画で主演を務め、新ドラマ『ゴーイング マイ ホーム』もスタートした阿部さん、
これからも素晴らしい演技で、面白い作品をどんどん観せて欲しいです。

sponsored link

コメントを残す