錦織圭 楽天ジャパン・オープン2012優勝 福原愛さんとの仲は 動画あり

sponsored link


今月7日に行われた楽天ジャパン・オープンで錦織圭選手がミロス・ラオニックを7-6、3-6、6-0で破り優勝を飾りました。
1973年にジャパン・オープンがATPツアー大会になって以来の日本人の初優勝、しかも錦織選手にとっては
2008年2月のデルレイビーチ選手権以来のツアー優勝2勝目ということで、
表彰式では、両手でガッツポーズ、身体中の喜びや感激を全て吐き出すような大きな雄叫びを上げました。

メチャメチャ嬉しかったんでしょうね。

錦織選手は今大会1回戦で日本の添田豪選手、2回戦で元世界ランク5位スペインのT・ロブレド選手、準々決勝では第2シードチェコ共和国のT・ベルディフ選手、準決勝では2006年全豪オープン準優勝者キプロスのM・バグダティス選手を破り決勝へ進出してきました。

そして決勝、時速230キロに迫る高速サーブ放つミロス・ラオニック選手と対戦。
1本目から驚異のサーブを放つラオニックに、ベルディハ選手の高速サーブを返してきた錦織選手は怯みませんでした。
40-0とリードされてもバックで立て続けにウィナーを奪い、相手に確実にプレッシャーをかけ続けました。

この日はサーブが好調だった錦織選手は確率とコーと、球種を組み合わせることによって、ラオニック選手に的を絞らせません。
相手にリードされながらも、追い上げ逆に追い詰め、プレッシャー相手のミスを誘い、
自らは確実にポイントを重ね、ついに勝利をもぎ取りました。

錦織選手は、大観衆の前で「今夜はパーティです!」と声を弾ませました。

そのパーティーには福原愛選手は来るのでしょうか?
2008年11月『フライデー』で二人の原宿デートの様子を掲載してから、2009年3月ごろにはもう、
ふたりの破局が報じられていました。

卓球関係者の話では“いい友達”の関係は続いているようです。
今回の優勝について、福原選手はどのようなお祝いの言葉をメールで送ったんでしょうね。

sponsored link

コメントを残す