鈴木梨央ちゃん 八重の桜で話題の子役 ドラマ、CMで活躍 プロフィールは?画像

sponsored link

鈴木梨央
1月6日に放映が開始されたNHK大河ドラマ『八重の桜』で綾瀬はるかさん演じる主人公の
八重の子供時代を熱演する子役の鈴木梨央ちゃん(7)が、演技力がすごいと話題になっています。


鈴木梨央

初回視聴率21・4%を叩きだした「八重の桜」で、一番光っていたのは鈴木梨央ちゃんだと、
あちこちで騒がれているようです。

NHKにもそういう声が届いているようで、放送終了後、

「子役が素晴らしかった」

などの声が多数寄せられたそうです。

鈴木梨央

NHKの松本正之会長も、

「子役の鈴木梨央ちゃんの演技がたしかな感じでいいですね」

と、コメントするほど注目が集まっているみたいですね。

鈴木梨央

すでに巷では天才子役と認知され始めている梨央ちゃんですが、
この世界に入るきっかけはなんだったのか?

■きっかけは芦田愛菜ちゃん

梨央ちゃんが芸能界に入るきっかけとなったのは、5歳の時に観た、2010年放送の日本テレビドラマ『Mother』の芦田愛菜ちゃんに感銘を受け、自分も芦田愛菜ちゃんみたいになりたいと、

愛菜ちゃんも所属する芸能プロダクション「ジョビィキッズ」の体験型オーディションを受け、オーディションに見事合格し、フジテレビドラマ「木曜22時カエルの王女さま」皆川リコ役、そして今回のNHK大河ドラマ
「八重の桜」の主人公・八重の幼少時代役という大役をつかみとりました。

芦田愛菜

こんな小さい時に憧れたものに対して、ちゃんと行動を起こし、掴みとる力というのもあるところが、
やはり普通の人とは違いますね。

もちろん親御さんのご協力があってのことですけど。

鈴木梨央

梨央ちゃんのプロフィールは、
2005年2月10日生まれの現在7歳です。
出演暦は、

ドラマ 「木曜22時カエルの王女さま」(CX)(皆川リコ役)
ドラマ 大河ドラマ「八重の桜」八重幼少役(NHK)
CM 「JA共済」
TV 「ペライチ」ショウイチコーナー(KTV)
TV 「中居正広の金曜日のスマたちへ」片付けのプロ 近藤麻理恵篇
スチール チャイルド本社「かんがえる 9月号 10月号」連載ページ エコあそび

出身地などの細かい情報はまだ公表されていませんが、
まだ小さいお子さんということもあり、防犯上あまり公にしないほうがいいに越したことはありません。

もうすでに、沢山のオファーが殺到していて、「八重の桜」でも、初回だけではもったいないので、
ストーリー次第でまた出演させてはどうかという声も上がっています。

ものすごい人気ですね。

鈴木梨央

それにしても、最近では子役の子に憧れて、子役の子がデビューするようになっているんですね。

今からこんなに活躍したら、二十歳を超える頃には、どんな女優さんになっているんでしょうか。

これからが楽しみでしょうがありませんね。

八重の桜ダイジェスト 第1回「ならぬことはならぬ」

sponsored link

コメントを残す