金爆 下ネタ封印 NHKの担当者「よくやった!」紅白で完全燃焼1番の盛り上がり 動画

sponsored link

金爆
「第63回NHK紅白歌合戦」に出場した”金爆”ことゴールデンボンバーの皆さん。
下ネタ発言が心配されていた彼らですが、完全に下ネタを封印。
今年の紅白で一番会場を沸かしていました。

ゴールデンボンバー、笑っていいとも『ファンDEビンゴ』に登場 【すっぴん画像あり】

審査員をはじめ、観客全員が白塗りのお面をつけて、NHKホール約3500人がゴールデンボンバーと
一緒に「女々しくて」と歌いました。

あんなに紅白で観客と一体になることって、珍しいと思います。

樽美酒さんによると、歌い終わった後にNHKの担当者に「よくやった!」と握手を求められたんだとか。
NHKからしたら、あれだけ心配してピリピリしていたのに、これだけ盛り上げてくれたら嬉しい誤算ですね。

金爆

鬼龍院翔さんは、

「ぼくたちビッグマウスなんです。本当はマジメなんです。紅白を盛り上げようと思って(いろいろ言った)。マスコミの皆さん、お騒がせしました!」と謝罪した。」

と、コメント。

ある意味、非難を浴びながら、紅白を盛り上げるために注目を集めようとしていたのかも知れません。
これが作戦だったとすれば、大成功したことになります。

樽美酒さんと鬼龍院さんはともに

「最高の親孝行になりました!」

と、叫んでいたそうです。

金爆

いろいろ言われていましたが、実は真面目で誠実な若者なのかも知れません。

今月8日に行われた彼らのイベントでは、06年の紅白で騒動をおこしたDJ OZMAさんに直談判して借りてきた裸スーツを披露していましたが、
使用されず、DJ OZMAさんとは違う結果を迎えました。

DJ OZMAこと綾小路翔さんは、今月19日にゴールデンボンバーに対して、

「毎年(紅白に)出続けて欲しいから」
「演出についてはきっちりプロデューサーさんと話し合って。やるなと言われたことはやるな。何も言われなかったことも、やったらダメ!」

と、忠告をしていました。

その忠告をしっかり守ったようです。
綾小路さんは相当あの裸スーツで痛い目にあったんでしょうね。

綾小路翔

確かに長く残っていくには正しい選択だったように思います。
そのことによって、ゴールデンボンバーの魅力を損なってしまったのかどうかはわかりませんが。

sponsored link

1件のコメント

  • ooo

    あのフリは何だったんだ。

コメントを残す