虻川美穂子
最近ではすっかり夫婦生活があまりうまくいっていないキャラで、おなじみになってしまった虻川さん。
12月18日のさんま御殿でも吠えていましたね。

虻川さんが旦那さん、シェフの桝谷周一郎さんと出会ったのは、2年前に北陽がレギュラー出演していたTBS系「はなまるマーケット」“北陽のまかないレシピ”のコーナーに桝谷周一郎シェフが出演したことが
きっかけとなって、桝谷さんの優しさに一瞬で虜になった虻川さんが
猛アタックの末、交際に至りました。

枡谷さんも虻川さんのファンだったそうですよ。

桝谷 周一郎

枡谷さんは

16歳で料理の世界に入り、「日本青年館・東洋軒」「トリアノン」などで修業後、1994年から約3年間、北京のイタリア料理店でシェフを勤めた。

本物です。

現在は広尾でイタリアンレストラン「オステリア・ルッカ」のオーナーシェフをしています。
イケメンでよくモテたとか。

虻川美穂子

そんな二人が、「はねるのトびら 春の2時間スペシャル!」で、虻川さんが女子プロボクサーと対決して、
プロポーズする企画に挑戦し、ダウンを奪われながらもドローまで持ち込み、
試合終了後に虻川さんは桝谷さんに

「周一郎さん。こんな私ですけど、周一郎さんのお嫁さんにして下さい」

と逆プロポーズ、桝谷さんも、

「こんな僕で良かったらよろしくお願いします」

と、それに答えました。

OKした理由について桝谷さんは、

「最初は顔だったけれど、対戦相手の方に感謝を述べるような相手を気遣えるところ」

と語っています。

最初は顔で、中身も好きになったら最高じゃないですか。
この時は本当に幸せそうだったんですけどね。

虻川美穂子

今はかなり状況が違うようです。
最近では手を繋いだり、添い寝しようとすると拒絶されるんだとか。
かなりやばいですね。

妊娠の話も全く聞こえて来ません。
それどころではないようですね…

先日放送された日本テレビ『解決!ナイナイアンサー 2時間スペシャル』では、

「プライベートでは女性らしい服装でいて欲しい」

という桝谷さんの希望を受け入れられない虻川さんの、心のトラウマを暴かれ、
心理カウンセラーから

「“私、女の子だよ”と言ってみてください」

と指示されると、虻川さんは絶句し、言葉にならずただ号泣するだけでした。

虻川美穂子4

どうやら幼い頃から男の子の格好をさせられ、父親から野球のノックを受けるような少女時代。
男の子のように育てられ、高校ではソフトボールのピッチャーとして活躍し、実業団にスカウトされるまでになっていました。

長身でソフトボール選手時代はいつもショートカット、お洒落にも恋愛にも見向きもせずに青春時代を過ごしてきた虻川さんにとって、
女の子であることを認めることは、今までの自分を否定することになるのかも知れません。

しかし、本当は女の子として生きたかったのにそれができないことによって、無理やり心の奥深くに
その願望を沈めてきたのだろうと思います。

やはり親は子供の希望を無視して、自分の願望を押し付けてはダメですね。
しばらくうまくやっていても後々、その押さえつけられていたものが、
腐って腐臭を放つ時がやって来ますから。

今回、そのことに少しでも気付けたのは本当に良かったと思います。
少しづづ、気持ちが楽になれば、桝谷さんの希望の、女性らしい服装も
抵抗なく着れるようになるのではないでしょうか。

虻川美穂子

桝谷さんにはそれまでもう少しの辛抱をお願いしたいですね。
頑張れ!虻ちゃん。

記事の内容は気に入っていただけましたか?

この記事を気に入っていただけましたら、ソーシャルメディアボタンで共有していただけると幸いです。
     

3件のコメント

  • 匿名

    最近よく夫婦ででていますね。

  • 北條里美

    虻川さんと桝谷さんは本当仲がいいですね

  • 虻ちゃんがんばってますね!
    これからもどんどん可愛くなれるようにがんばってください!

コメントを残す