舘ひろし紅白出場 ドラマ「純と愛」で活躍中の元クールスリーダー 結婚式は英国で

sponsored link


第63回NHK紅白歌合戦に俳優の舘ひろしさん(62)が、28年ぶりに出場するそうです。
「泣かないで」がヒットした84年以来、2度め、28年ぶりですよ、すごいですね。

舘さんは、故石原裕次郎さんの名曲を歌うようです。
今年9月には、故石原裕次郎さんの没後25年と、舘さん自身のソロ歌手活動35周年を記念して、
裕次郎さんのヒット曲を収録したカバーアルバム「HIROSHI TACHI sings YUJIRO」を
発売したばかりです。

ドラマでもNHKの連続テレビ小説「純と愛」で一流ホテルの社長役で活躍中ですが、
個人的には舘さんといえば、「西部警察」と「あぶない刑事」の印象が強く残っています。

とくにあぶない刑事は舘さん演じる鷹山(通称タカ)と柴田恭兵さん演じる大下(通称ユージ)が破天荒で
なおかつユーモラスに活躍する、伝説のドラマでした。

1986年10月、最初のテレビシリーズである『あぶない刑事』が始まって、
劇場版、映画『まだまだあぶない刑事』の公開は2005年10月22日と19年以上の
歳月が流れています。

こうなるといつでもあぶない刑事はやっている気分になってきます。
なので、完全に終了を迎えた時、すごく寂しかったのを覚えています。

元々舘さんは、矢沢永吉さん率いる「キャロル」の解散コンサートで親衛隊をつとめた
ロックバンド「クールス」のリーダーでした。

最初はバイクチームだったそうですが、キングレコード社員に説得され、

「チームのメンバーを食べさせていくため。」

として、バンド結成をしたそうです。

クールスには他にもバイクチームを一緒に作った岩城滉一さんや、後のクレイジーケンバンドの
ボーカル、横山剣さんなんかもいて、やはり伝説のロックバンドと言えますね。

そんな舘さんですが、実家は明治期に開業した舘医院で父親は内科医、
舘さん自身も医学部を目指したことがあるそうです。

そしておじいさんが英国好きで、舘さんの家にはミルクティーを飲む「ティータイム」があったんだそうです。
洒落ていますね。流石お医者さんの家柄です。

舘さん自身もその後英国好きになったようで、1996年8月に奥さんとの結婚式を英国で行ったんだそうです。なんかクールスの不良のイメージと全然違いますね。(笑)

それが舘さんの洒落た魅力として、滲み出ているのかも知れませんね。
今回の紅白、どんなかっこいい姿を見せてくれるのか楽しみです。

クールス~甘い暴力

sponsored link

コメントを残す