石野真子の結婚歴 現在、子供は?父が経営者で実家がお金持ちのお嬢様?母はファッションデザイナー

sponsored link

今年6月にニューアルバム『しあわせのレシピ』をリリースし、芸能生活35周年を迎え、全国ツアーも行っている石野真子さん。

今年で52歳を迎える石野真子さんですが、1978年に「狼なんか怖くない」で歌手デビューした当時と、ほぼ変わらない、ルックス、スタイルでファンを驚かせているようです。


石野真子

石野真子さんは、1961年、兵庫県兵庫県神崎郡神崎町(現: 神河町)で生まれ、芦屋育ち。

1977年、あの伝説のオーディション番組「スター誕生」で見事合格し、翌年の1978年に「狼なんか怖くない」で歌手デビューを果たします。

石野真子

石野真子さんはハンドバッグ製造会社経営の父親の元、長女として生まれ、ご存知のようには、いしのようこさんと、元「石野敦子」という名前でタレントをしていた、宝乃純さん。

いしのようこ宝乃純

石野真子さんの母親は、ファッションデザイナーで、日本デザイン文化協会理事を務める石野弘子さんです。

石野弘子さんは、国際手芸コンクール1980年(全日装)グランプリ受賞やNDKデザイン賞など数々の賞に輝いたことのあるデザイナーさんで、そんな両親のもと、芦屋で育ち、ミッション系の私立百合学院中学校、百合学院高等学校に通うなど、まさにお嬢様という経歴の持ち主なんですね。

確かに石野真子さんやいしのようこさんを見ていると、他のタレントさんやアイドルにはない”品”のようなものを感じますね。

石野真子さんはデビューして、人気絶頂だった1981年にアーティストの長渕剛さんと結婚、芸能界を電撃引退してしまいます。

しかし、1983年の5月に長渕剛さんと離婚。一説には長渕剛さんのDVが原因とか、石野真子さんの不妊が原因とかささやかれていますが、確かなところはわかりません。

女優として芸能界に復帰した石野真子さんは、NHKの大河ドラマ『いのち』などに出演。好評を得ています。

歌手活動も再開していた石野真子さんですが、舞台で共演した俳優・広岡瞬さんと再婚しますが、1996年に離婚しています。

広岡瞬

どちらの結婚でも子供はできていませんね。

その後、元極真空手全日本チャンピオンだった大西靖人さんと愛人関係になり、2003年に肝臓ガンで亡くなった大西靖人さんの葬儀に、大西さんの奥さんと一緒に出席し、話題となりました。

奥さんと愛人が一緒に葬儀に出るなんてちょっと、信じられないですが、未亡人となった奥さんが、大西靖人さんの惹かれた方なら仕方ない、と認めたそうです。

器の大きい奥さんだったんですね。

これからも精力的にライブやツアーを続けていきたいと語る石野真子さんの、今後の活躍を期待しています。


動画は削除される恐れがあります。お早めにご覧ください。

sponsored link

コメントを残す