真飛聖さん、成宮寛貴さん参加「相棒11」初回視聴率が19・9% その時ミッチーは?

sponsored link


真飛聖さん、成宮寛貴さんらが初参加した「相棒season11」(10日 水曜後8・00放送)が、
初回平均視聴率19・9%を記録したそうです。(たまげた!)

初回記録として、シリーズ最高だった前作の「相棒season10」の19・7%を上回るという、
大変素晴らしいすたーとを切ることに成功しました。
まずはおめでとうございます。

成宮寛貴さんは2代目の及川光博さんを継ぎ水谷豊さん演じる「特命係」の杉下右京の
相棒役“甲斐享”として、
真飛聖さんは、その“甲斐享”の恋人役“笛吹悦子”として参加しています。

真飛聖さんは、元宝塚歌劇団のトップスターで2009年に宝塚版・相棒では杉下右京役を演じるなど
「相棒」とは何かしらの縁があるようです。

自身の卒業回で、相棒シリーズの最終回としても過去最高の20.5%を記録した及川光博さんは、
今回のこの初回平均視聴率更新にどのような思い出ご覧になっていたのでしょうか。

及川さんの降板理由についてネットでは、
水谷さんが了承していなかった監督やプロデューサーの意見に及川さんが賛同し、水谷さんの逆鱗に触れたとか、
及川さんの相合傘デート騒動があって、愛妻家の水谷さんは、彼の軽率な行動が許せなかったなどの噂が
ありますが、実際の理由については不明です。

もし不倫が本当だとしたら、確かに早すぎですよね浮気するの。
遅ければいいってものでもないんですけど。
それで水谷さんが怒って…というのは少し安易な考えのような気もしますが、
水谷さんが番組にかなりの権限を持っていることも事実で、
最終回のストーリーに違和感を感じていた人にとっては、
何やら胡散臭いものを感じることは確かなようです。

個人的には水谷さんはすごく優しそうな人に思えるんですが、
根拠は無いです。

sponsored link

コメントを残す