渡瀬マキ 2012FNS歌謡祭出演 ガン克服し子供出産 今は夫とタツマキとして活動

sponsored link


12月5日放送の「2012FNS歌謡祭」に登場し元気な姿を見せてくれた
渡瀬マキさん。

今回は中川翔子さんとコラボでKiss meを熱唱し、ネットユーザーからは、

「FNS歌謡祭、ぱっとかけたら、渡瀬マキがしょこたんと歌ってたー。 相変わらず可愛いかったな^o^」

など、今でもチャーミングな渡瀬さんに沢山のコメントが寄せられていました。

渡瀬さんは、元々本名の渡瀬麻紀としてアイドル歌手をしていましたが、
当時、バックバンドをしていた平川達也さんらと、「LINDBERG」を結成し、
数々の大ヒットを飛ばすスーパーバンドになっていきます。

1997年にギターの平川さんと結婚し2年後には出産、2002年には「LINDBERG」を解散します。
最初のお子さんを妊娠した時、実は子宮ガン検診で、異常を発見したのと同時に妊娠がわかったそうです。
子宮ガンではなかったそうですが、癌になる一歩手前みたいだったらしく、
ガン細胞を切除し、無事お子さんも生んでいます。

そして、お子さんを育てる中で、

「ツアー中に息子が病気をして、そばにいてあげられなかった。それではダメだと思い、子育てに専念したんです」

と、解散理由を語っています。

その後、自身プロデュースの子供服ブランドを立ち上げるなど、
子供服のデザイン・販売、詩の提供など精力的に活躍します。

そして、夫の平川達也さんとの活動を決意し、
2人は楽曲提供・他アーティストのプロデュースなどを行う中、2009年には約7年ぶりでのソロ名義ライブを成功させ、同時に期間限定で「LINDBERG」を再結成しました。

2010年には「タツマキ」として本格的に音楽活動をスタートしています。

最近では、ベネッセ卒園ソング『たいせつなともだち』を歌って話題となっています。
二児の母として、夫の「音楽のパートナー」として、これからも活躍してくれるでしょう。
夫婦ユニット「タツマキ」をこれからも応援してください。

☆ ベネッセ卒園応援キャンペーンサイト
http://www.benesse.co.jp/s/song/

sponsored link

コメントを残す