森口尚史氏ついに虚偽認めた!?1例だけだったと弁明も信憑性なし

sponsored link


なんか大変なことになって来ましたね。
この人は何を言っているのでしょうか?
なんか怖くなってきますよね。

iPS細胞を使って世界初の心臓移植の臨床応用を行ったとしていた森口尚史さんですが、
13日のニューヨークでの記者会見で、これまで6人の手術を行ったと言っていた所を、
「治療はやったが1例だけだった。結局は嘘になってしまった」
と、訂正しました。

しかもこの一例も時期が違ったと言っています。
場所についても米マサチューセッツ総合病院ということでしたが
「連携の別の病院で実施した」
承認はマサチューセッツ総合病院から出ていて、
「私の名前ではなく、他の先生の名前で申請している」
だそうです。

なんかもうめちゃくちゃで、誰も信じていないんじゃないでしょうか。
このまま引っぱってもどうにもならないでしょうから、
早く謝罪したほうがいいと思うんですがね。

この件に関して森口さん本人も、
「自分でも説得力はないと思う」
と述べています。

う~ん、なんか怖いな~もうどうしていいかわからなくなっちゃっているみたいですね。
誰か救いの手を差し伸べてあげたほうがいいんじゃないでしょうか。

sponsored link

コメントを残す