松井市長暴言?サンフレッチェ広島は2位でいい?スタジアム建設の公約?後悔 不適切発言

sponsored link

かねてよりJリーグ「サンフレッチェ広島F.C」が3度優勝したらスタジアム作ると公言していた、現広島市長の松井一實市長が、広島写真記者クラブ懇親会に出席した際のスピーチで、「カープはCS進出に満足せず優勝してください。サンフレッチェは、優勝されるとスタジアム問題が土俵際に追い込まれるので、2位でいい。」と発言。

ネット上では不適切発言だ、前代未聞の暴言だ、と物議を醸しているようです。


松井市長

これはサンフレッチェ広島のファンは頭に来ているでしょうね。

それ以上に選手や関係者も不快に感じているのではないでしょうか。

松井市長は冗談のつもりなのかもしれませんね。

しかし、必死に戦ってきた選手、懸命に応援してきたファンの思いを、踏みにじる暴言ととられても仕方ないかもしれません。

選挙の際、サンフレッチェ広島が3度、優勝したら新スタジアムを作ると公言したことを、ずっと後悔していたんでしょうね。

この情報を伝えた、サンフレッチェ企画・広報部長の森脇豊一郎さんは、

「私は、松井市長の発言を目の前で聞いて、屈辱。怒りで腸が煮え繰り返ると同時に、悲しくて涙が出そうになりました。」

と、その心情を伝えています。

森脇豊一郎

結局、市長はサッカーになんの理解も思い入れも持っていないのかもしれません。

それならそれで、いかにもファンの心を弄ぶような公約?はしてはならないですね。

動画は2012年12月16日 サンフレッチェ広島J1優勝パレード&優勝報告会にての松井市長のスピーチ


動画は削除される恐れがあります。お早めにご覧ください。

sponsored link

コメントを残す