有村昆、丸岡いずみキャスターの故郷徳島で食事会

sponsored link


8月28日に結婚した元日本テレビキャスター、丸岡いずみ(41)と映画コメンテーター、有村昆氏(36)が7日、丸岡の実家がある徳島県内で両家による食事会を開き、親族や友人ら数十人が参加した。

 一部週刊誌で7日に宮根誠司(49)が司会を務める挙式・披露宴が行われると報じられたが、有村氏の所属事務所は「親族や友人が集まった食事会で、宮根さんは出席していない」と否定。有村氏本人も3日のイベントで披露宴については「宮根さんの司会で年内か年始」と語っており、これからのようだ。
(サンケイスポーツ 10月8日)

ミヤネ屋で「毎日愛してると言われる」など熱々の新婚生活を語っているお二人が、
丸岡さんの実家がある徳島県内で近親者のみによる結婚式がわりの食事会を開いたそうです。

丸岡さんの話では、「毎日何度も『愛してる』『好きだよ』と言われる。朝起きてすぐ、帰って来てすぐに抱きついてくる。
メールの数もすごい。ペアルックを着たがります。めんどくさいですよ」と苦笑いながらも、幸せそうな笑顔を見せています。

確かにあの「お坊ちゃま」キャラでこれだけべたつかれたら、正直ウザそうですけど、
今のところは丸岡さんもまんざらではないようです。

これがしばらくすると、うんざりしてくるなんてことがあるので、
有村さんも飛ばし過ぎには気をつけてもらいたいです。

有村さんといえば、父は世界的に有名ビジネスホテルチェーンの元副社長、
母はシャンソン歌手の紫倉麻里子さんです。

本当のセレブですが、すごく素直な感じのよい方ですよね。
変に気取ってもいませんし。

ただ、今までの生活が違いすぎて、一緒に暮らしていけるのか心配です。
36才になっても、毎年100万円のお年玉をもらっていた有村さんは、
あまりにも世間の常識とかけ離れているよう気がして、心配になります。
杞憂であればいいのですが。

sponsored link

コメントを残す