愛川ゆず季プロレス引退を表明 理由は?実家は豪邸のお嬢様 太ったという声も画像

sponsored link

愛川ゆず季
グラビアアイドルで女子プロレスラーの”ゆずポン”こと愛川ゆず季さん(29)が、
体力の限界を理由に引退を表明しました。
おつかれ様でした。

愛川さんは、は昨年プロレス大賞を受賞し、今年もプロレス大賞に輝き、
2年連続の受賞という成績を残しています。

愛川ゆず季
愛川さんは、

「昨年末から団体のロッシー小川代表と(所属芸能事務所の)プラチナムプロダクションと相談して私の考えを伝えていた」

とし、
 

「(激しい)戦い方をしていて体がキツくて限界を感じている。たくさんの方々に応援してもらっているので、1人では決められないと分かっているので…」

と、苦しかった胸の内を明かしています。

そして、

「来年30歳になるし、芸能生活も10周年という節目の年なので、女の子として、人生をもう一回考えてみようという気持ちもあった」

と、涙ながらに語りました。

愛川ゆず季

きっと、一グラビアアイドルから、ここま本物の女子プロレスラーになるには、
半端じゃ無い努力と苦労があったことでしょう。

愛川さんは1983年5月16日にゆず製品製造会社の社長の父親の元に生まれ、
海外留学を目指し、東京の学校に進学しようと、上京し、渋谷109でスカウトされました。

水着グラビアでデビュー、2005年には日テレジェニック2005に選出されました。
同じ事務所の相澤仁美さんと「オーパーツ」というユニットを組みCDデビューしたこともありました。

2009年には、TBS系「崖っぷち」内で、ブログを3か月以内に2000万アクセス到達させないと芸能界を引退するという企画に挑戦し、
ブログにも掲載されている写真があまりにも残酷すぎると、物議を醸しました。

一応8日で1000万アクセス、2009年10月17日に2000万アクセスを達成したので、引退は回避したのですが、2010年8月に突如プロレスデビューを発表しました。

プロレスデビューしてからは、愛らしいルックスと、バスト100センチというスタイルで一躍、脚光を浴びました。

今年9月にはスターダムのシングル最強リーグ戦「STARDOM5★STAR GP」で優勝を果たし、名実共にトップレスラーとして活躍していました。

ここまで頑張れば十分ですね。
本当にお疲れ様でした。

愛川さんといえば、実家がお金持ちで、豪邸に住んでいると、TBS『イチハチ』で放送されて、
話題となりました。

愛川ゆず季4

そりゃ社長令嬢ですからね。
ブログではそんな豪邸の写真もよくアップされています。

最近では太ったなんて噂もありますが、

通常はプロレスラーとして約52kg程度の体重を維持しているが、グラビア撮影の仕事が入った際には「魅せる体作りのため」約7kgほど体重を落とすという。その際は「3日前からほとんど食事も取らず、時には下剤も使う」といい、撮影が終わったら今度は食事を大量に摂って体重を戻しているとのこと

そうなので、体重管理に関してはバッチリのようです。

少しふっくらしている方が可愛いと思いますが。

これからはまた、グラビアアイドル、お嬢様タレントとして、新たに活躍することを期待しています。

愛川ゆず季

sponsored link

1件のコメント

  • 匿名

    今のあなたも可愛いです

コメントを残す