島田紳助さんの請求棄却 現代側の取材内容「信用性は高い」 東京地裁

sponsored link


週刊現代暴力団との黒い関係を報じられた、元タレントの島田紳助さんと吉本興業が、
「週刊現代」の発行元の講談社側に計1億6500万円の損害賠償などを求めた
訴訟の判決は「取材内容の信用性は高い」として島田さんの請求を棄却し、
吉本の請求に関しては「島田さんと暴力団との密接な関係を知りながら、
所属契約を継続した」という記載内容が名誉毀損にあたると認められ、
110万円の支払いを命じました。

島田さんが暴力団関係者が同席の中不動産取引交渉を行ったとする報道に
対して、
「具体的かつ詳細で、内容に不自然な点はない」
「少なくとも記事の重要部分を真実と信じる相当の理由があった」
と、島田さんの賠償請求を完全に退けました。

週刊現代編集部は
「本誌の主張のほとんどが認められ、実質勝訴と考えている」
とのこと。

吉本興業は
「到底承服できない。島田氏からは即刻控訴する意向であると聞いている」
としています。

(情報元 MSN産経ニュース )

どうなんでしょうか、損害賠償などを求めたこと、
「到底承服できない」とのコメント、
から暴力団関係者が同席したのは事実無根なのでしょうか。
全く同席していないのであれば、当然納得のいく判決ではないでしょうが、
それなら本多知成裁判長が
「取材内容の信用性は高い」
「具体的かつ詳細で、内容に不自然な点はない」
「少なくとも記事の重要部分を真実と信じる相当の理由があった」
まで断言しますかね。

ネットでは、
 「もしかして、これで勝訴して復帰する予定なのかな? 」
 「違法性を認められない程度の信用性ってことでしょ 」
などいろいろな意見が挙がっています。

あれだけはっきりと復帰はないと、会見で断言したのでまさか
復帰しようとは考えていないと思いますが、
会見で述べたコメントの証明どうしてもしたかったんでしょうね。
復帰しないと言った以上、自分でテレビに出て証明することは
不可能になったわけですから。

このままだと、大嘘つきのレッテルを貼られたままになってしまいます。
せっかく築きあげたキャリアを最後に汚さないために、潔く辞めたはずが、
「こんなはずではという」という思いでいっぱいでしょう。

今どんな思いで過ごしているんですかね。

sponsored link

コメントを残す