岸田健作 RoViN八千代でイベント出演 干されたの?いいとも青年隊後、顔整形?現在病気は?

sponsored link

元いいとも青年隊で、その後ホームレスになったことで話題となった、岸田健作さん(34)。

そんな岸田さんが、現在ボーカルを務めるビジュアル系ロックバンド「RoViN」が千葉県八千代市で開催される「八千代緑が丘夏まつり」に出演するそうです。


岸田健作
岸田さんといえば10代目いいとも青年隊として人気を博し、テレビの他、舞台やラジオなどで活躍しましたが、2007年以降突然その姿を目にすることがなくなり、芸能界を干されたのか?と話題になっていました。

その後、2011年に再びメディアに登場すると、それまでホームレスをしていたことを告白、騒然となりました。

実はテレビやラジオで活躍する最中、自分には芸がないと、自己嫌悪に陥り悩んでいるところへ、実家の洋菓子店が倒産、母親が病を患い、そしてデビューから支えてくれていた事務所スタッフの方が亡くなるなど、不幸が立て続けに起き、半ば強引に事務所を辞めたようです。

干されたというより、自暴自棄になってしまったようですね。

そんな岸田さんは 2011年公開映画『COOL BLUE』で主演を演じ、復活。

以後、ホームレス体験を綴った書籍を出版するなど積極的に活動を開始します。

岸田健作

そして、今回イベント参加を表明したビジュアル系ロックバンド「RoViN」のボーカルとしても活躍していいます。

そんな岸田さんですが、今年2月に首に激痛が走り、深夜に病院へ緊急搬送され一時活動を休止。

「少し顔を傾けたり、体起こすだけで、気を失うような激痛がはしるんです」
「虫歯の激痛が首にきて気を失う寸前レベルとゆうか」

と、その痛みの凄まじさを語っています。

何か重い病気なのでは?と心配されましたが、医師からは、

「ストレスと過労からくる重度の捻挫」

と、言われたそうです。

神経性の捻挫ということですかね。

急激な環境の変化で、岸田さん本人の頑張りに体がついて行かなかったのかもしれませんね。

復帰後はこれまで以上に体に気を使うようになって、今はだいぶ調子がいいようです。

そんな岸田さんですが、いいとも青年隊をしていた頃と顔が違うと話題になり、整形しているのでは?という噂に、

「絶対にしていませんから! 痩せたのとメイクです!」

と、はっきり否定しています。

岸田健作

まあ、あまりにもいろいろありすぎて、変わったというよりやつれた感じはありますね。

岸田健作

痩せたということでしょうか。

「八千代緑が丘夏まつり」は日中の屋外でのイベントなので、

「夏の野外なので、熱中症や脱水症状だけは気をつけてほしいです!」

と、注意を促しています。
しかし、

「でも暴れてほしいです!メイクがドロドロになるまでライブ頑張ります!」

と、意気込みも十分なようなので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

岸田健作

sponsored link

コメントを残す