山岸舞彩 セクハラ認識ないが被害認める NEWS ZERO男性プロデューサー更送 被害複数 執ように付きまとい パワハラ

sponsored link

今年4月からホラン千秋さんの後任として日本テレビの報道番組「NEWS ZERO」のキャスターを務めている山岸舞彩さんが、今月明らかになったセクハラ、パワハラ疑惑で更送された男性プロデューサーについて、被害があったことを認めました。


関連記事:山岸舞彩 ZEROへ 櫻井翔と熱愛?ダルビッシュと結婚?美脚が話題の肩ちゃん 画像

山岸舞彩

山岸さんは、

「私自身がセクハラを受けたという認識はなかったですし、セクハラって言葉を自分から発したこともなかったので、セクハラという言葉が一人歩きしている点は残念で、本意ではないです」

と、認識はなかったとしていますが、自身の楽屋に居座られたり、二人きりの反省会をメールで誘割れたり、執ように付きま問われていたことについて、番組スタッフに悩みを打ち明けていたことを認めたそうです。

まあ、悩むほど嫌だったということは、ほぼセクハラ、パワハラといって間違いなさそうです。

この男性プロデューサーは他の数名の女性スッタフにもつきまとっていたという事なので、常習的にそのような行為を行なっていたと見て間違いなさそうです。

プロデューサーという立場を利用したこのような行為は、
やはり卑劣に感じますね。

この人を信用して一生懸命仕事をしろと言われても無理な相談ですね。

ちゃんと調査され、このような処分が下ったことは本当によかったと思います。

山岸舞彩

しかし、こういう業界では泣き寝入りしている女性スタッフも結構いるんでしょうね。

そういう環境を一新して行かないことには、今のテレビ産業の衰退を止めることは出来ないでしょう。

被害に遇っている社員の方はちゃんと声を上げて欲しいですね。


動画は削除される恐れがあります。お早めにご覧ください。

sponsored link

コメントを残す