小室哲哉 ツイッターでプロデュース相手募集 女性限定 華原朋美ではダメなの?KEIKO記憶戻る

sponsored link

今年2月に「C型肝炎」であることを公表した、音楽プロデューサー・小室哲哉さんが、自らのツイッターで、小室哲哉さんと一緒に作品を作っていきたいという意志のある女性を募集し、話題となっています。


小室哲哉

小室哲哉さんは、

「来年は、いろんな僕の音が生まれると思いますが、、偶然に、もし、勇気と自信と度胸があり僕の奏でる音で、一緒に作品を創りたい女の子、存在するのなら、今、僕に教えて下さい、just in timeです」

と、ツイッターで呼びかけています。

まあ、言ってみればプロデュースする相手を探しているということだと思います。

最近では今年発表したリミックス音源が、3作連続iTunes総合1位獲得するなど、復活の兆しを見せている小室哲哉さん。

アーティストを目指している女性の方には、またとないチャンスなのではないでしょうか。

大変な応募があるでしょうね。

しかし、ネットユーザーからは、同じく最近復活した、歌手・華原朋美さんではだめなのか?という質問も寄せられているようです。

華原朋美

関連記事:華原朋美 2012年、年内に復帰 小室哲哉、薬依存、急死説乗り越え現在の心境告白

見事復活をとげた華原朋美さんは、つらい過去をメディアで語りながら、所々で、

「こういう風になった私だからこそ『もう一度歌わせていただけないでしょうか』という気持ちになれた」
「きちんと素晴らしい歌を歌えるんじゃないか」

など、もう一度小室哲哉さんと組んで、音楽活動を行ないたいと、ラブコールを送っています。

やはり華原朋美さんの中では、小室哲哉さんともう一度仕事をして、初めて本当の復活と言えると思っているのではないでしょうか。

やはり小室哲哉さんと組んでいた時が華原朋美さんの絶頂でしたからね。

しかし、やはり小室哲哉さんもKEIKOさんのこともあり、そう簡単に、昔の恋人、華原朋美さんと組むとは言えないのではないでしょうかね。

まあ新しい可能性を発掘したいという思いもあると思いますが。

KEIKO

2011年に、くも膜下出血で倒れたKEIKOさんもだいぶ回復されているようで、
KEIKOさん曰く、

「過去の記憶はもうほぼ回復してきた感じがするかな」

と伝えているので、もしかするとKEIKOさんと組んで活動する日がそう遠くないかもしれませんしね。


動画は削除される恐れがあります。お早めにご覧ください。

sponsored link

コメントを残す