宮崎駿引退!!やはりナウシカ2はナシか?それとも庵野秀明監督か?「風立ちぬ」が遺作

sponsored link

第70回ベネチア国際映画祭に出席したスタジオジブリの宮崎駿監督が引退を表明しました。

宮崎駿

え~、この間、ナウシカ2の実現の可能性を示唆したと、記事にしたばかりなのですが…

関連記事:風の谷のナウシカ2 庵野秀明監督で実現か?宮崎駿監督「僕はやっぱりやる気はない」

確かに最初、宮崎駿監督は、

「僕はやっぱりやる気はない」

と、もらしていましたが、

「ただ庵野がやりたい!やりたい!って言うから、やるならやっても良いってこの頃思うようになって言ってますけど」

と、話していたので、これはあるかも!?なんて期待していたんですけどね。

やはり、年齢的にきつかったんでしょうね。

宮崎駿監督はNHKの取材に、

「毎日時間がないから体調を崩さないように努力してきました。長編というのは、いつでも最後の作品だと思ってやってきました」

と、語っていて、「風立ちぬ」の製作過程で、かなり体力を消耗している様子を伺わせていますからね。
風立ちぬ
「風立ちぬ」では、今までのような、

「素晴らしい」

と絶賛する声の他に、日本禁煙学会から、

「さまざまな場面での喫煙シーンがこども達に与える影響は無視できません」

などの意見や、慰安婦問題に触れ、

「慰安婦問題の批判は、映画の韓国上映を狙った擦り寄りだった」

など、政治的思想を批判されたりと、過去の作品と違い、何かと物議を醸していました。

宮崎駿

今までと違う世間の評価に、宮崎駿監督も自らの監督人生の終焉を感じたのでしょうか。

できればゆっくりでいいので、また素晴らしい作品を書き続けていって欲しいのですが、それは酷なんですかね。

ナウシカ2庵野秀明監督に期待するしかないですね。

sponsored link

コメントを残す