宮崎奈穂子 「路上から武道館へ」 大学は?恋人は?出身は?身長は?奥華子に似ている?CD,DVD好評

sponsored link

宮崎奈穂子さんという方を御存知ですか?

宮崎奈穂子さんは、路上ライブでCDを手売りして、日本武道館で単独公演を成功させたすごい人です。


宮崎奈穂子
宮崎さんは、

出生 1986年4月10日(26歳)
血液型 A型
学歴 慶應義塾大学文学部卒業
出身地 東京都
身長   157cm
幼い頃から続けているピアノに加え、小学校でアルトホルン、中学校でパーカッション、高校でクラシックギターと、楽器を替えながらも音楽と一緒に大きくなった。

昔から歌手になる夢を持っていたそうですが、内気な性格でその夢を誰にも言うことさえ出来なかったそうです。

大学3年時、就職活動を始めましたが、当然のように一般企業に就職することに
ふと疑問を感じたそうです。

自分の夢は歌手になることではなかったのか?

宮崎さんは歌手になることを決断します。

宮崎奈穂子

2007年『優しい青』でインディースデビュー。

それ以降宮崎さんは週5日以上、小さなカラダに信じられないほどの大荷物を背負い、夕方から終電まで路上ライブを続けました。

最初は全く誰も足を止めてくれなくて、

「自分は必要のない人間なのではないか?」
「自分は何をしているんだろう?」

と、つらい思いをしながら路上ライブを続けていたそうです。

宮崎奈穂子

宮崎さんにとっての職場は路上で、会社員が会社に出社するように毎日路上に出社していたんだそうです。

そんなこんなで4年間路上ライブを続け、なんとその間に手売りしたCDは8万枚にも及ぶそうです。

8万枚ですよ。

もはやインディーズの域を超えていますね。

そして10年7月に1年間で有料サポーター会員を1万5000人集められれば武道館公演を行うという企画に挑戦。

「参加を決めてからはほぼ毎日路上に出て、ライブだけじゃ間に合わないので自分でチラシを配ったりしてました」

と、今まで以上に過酷なスケジュールの中、355日目の2011年7月1日に見事達成し、2012年11月2日に日本武道館で単独公演を行ないました。

宮崎奈穂子

武道館公演では、この企画のために作られた曲「路上から武道館へ」から
スタートし、「就職戦線異常あり」など13曲を歌いました。

宮崎さんは、

「やっと私の人生最大の夢がかないました。皆さんのおかげです」

と、目を潤ませ、声を震わせながら、夢がかなった感激とファンの方々に対する感謝を述べました。

すごいですね、ドラマのようなサクセスストーリーです。

宮崎奈穂子

感動しますね。

2013年2月15日にリリースされた
「2012.11.02日本武道館宮崎奈穂子Birthday EveライブDVD」も大好評です。

そんな宮崎さんですが、同じく路上ライブで有名な奥華子さんに似ているとの
ウワサもありますね。

奥華子
         奥華子

確かに雰囲気やメガネをしているところ、癒されるような声質なんかも似ているかもしれません。

しかし奥さんには奥さんの、宮崎さんには宮崎さんの良さがあるので、
どちらも素晴らしいと思います。

宮崎さんの歌詞はまったく気取ったところがなく、素直な気持ちをそのまま歌っているところに、沢山のか方が共感するのではないでしょうか。

宮崎奈穂子

宮崎さんは言います、

「私のような普通の人でもありえない夢をかなえられる。夢を追う人、何かを諦めようとしてる人に“私だってできるんじゃないか”と思ってもらいたい」

若者が夢を持ちづらい昨今、彼女の歌、ストーリーが沢山の人を励ましてくれています。

そんな彼女は武道館が達成せれた後も路上に立ち続けています。

「私の原点は路上です。武道館の感謝を直接したいので、よろしければ来てください」

夢や希望が持てなくて悩んでいる人は彼女の歌を聞きに行ってみてはいかがでしょうか。

ちまみに恋人は募集中だそうです。

sponsored link

コメントを残す