安藤美姫 トヨタ退社 契約満了 引退には言及せず モロゾフコーチとメール?来季は?

sponsored link

安藤美姫
フィギュアスケート元世界女王で、専属コーチだったモロゾフ氏との熱愛が話題となった、
安藤美姫さん(25)が1月1日付けでトヨタ自動車を退社したことが明らかになりました。


安藤さんは退社の理由について、

「社員スケーターとして歩んできましたが、2011年―2012年と連続して公式戦に出場することができず、社員としての義務を果たすことができませんでした」

と、コメント。

2006年から社員のスケーターとして毎年、契約更新をしてきましたが、所属契約満了することになったと伝えています。

安藤美姫

トヨタ自動車の方では、ソチ五輪まで支援すると申し出ていたようですが、やはり公式戦出場が出来なかったので、今回の決断に至ったようです。

安藤さんは、

「長期にわたり、ご支援いただき、ありがとうございました」

と、トヨタ自動車の今までの支援に対し、感謝の言葉を述べています。

そして、

「契約は満了しましたが、来季も応援してくださったみなさんの顔を思い出しながら、試合に出場するつもりです」

と、来季は競技会に出場する意向を示しました。

引退については言及しませんでした。

モロゾフ氏と師弟関係を解消してから、後任コーチが見つからないまま、
ツイッターで、

「死ぬために生まれてきた」

などの意味深なつぶやきで、物議を醸しました。

その頃、モロゾフ氏に振られたことが原因で、安藤さんが精神的に不安定になっているとの噂があったのですが、その後、モロゾフ氏が色々なメディアで、安藤さんと恋愛関係だったことを認め、

「結婚することを考えていた」
「今でも愛しています」

と、語り、

「彼女と結婚を考えたこともあるが、昨年夏に突然関係を続けられないといわれた」

と、安藤さんの方から、別れを切りだしてきたという、衝撃の告白をしました。

安藤さんは以前、

「モロゾフ氏に今年3月にコーチの続行を依頼したが断られた」

と話していました。

安藤美姫

モロゾフ氏は、

「ぼくたちの間にはいろいろあって、やらないと決めた。ぼくには難しいと思った」

と、恋人関係解消後にコーチを頼まれた時のことについて、言及しています。

そして、そのまま終わりを告げたかに見えた二人の関係ですが、
昨年末に二人が今でもメールでやり取りをしているというスクープがありました。

安藤美姫 モロゾフ

スケート関係者の話では、

「安藤とモロゾフは、定期的にメールをやり取りしているんです。彼女は引退後の相談もしているようで、フィギュアの振付師になりたいと彼に話をしているそうです」(引用元 女性自身)

とのこと。

悲劇的な別れでもなかったようですね。

モロゾフ氏は、

「もちろん嫌いなわけはない。しかし、(コーチ再就任は)現実的には難しい。彼女がぼくと関わりたくないと思っている。もし、本当に新しいコーチを見つけようと思うならできるはず。故障さえなければ、まだ一流でいられる。彼女には才能がある」

と、安藤さんについて、今の気持ちを語っています。

トヨタとの契約も終了し、ますます厳しい状況になってしまいましたが、
安藤さんの言葉通り、来季競技会に戻ってきてくれることを期待しています。

sponsored link

コメントを残す