宇宙人ファイル 存在明かすメドベージェフ首相『メン・イン・ブラック』見て 最新UFO映像

sponsored link

メドベージェフ
ロシアの前大統領のメドベージェフ首相が、国家機密として引き継がれる物の中に、
「宇宙人ファイル」なるものがあると発言し、物議を醸しています。

今月7日のテレビ5局の共同インタビューの直後にメドベージェフ首相は、

「あなたに初めて明かす」
「大統領交代時、核のボタンと一緒に『極秘』ファイルが渡される」

と、信じられないことを発言し、

「これ以上明かすと危険が及ぶので、詳しくは(米SF映画)『メン・イン・ブラック』を見てほしい」

と、落としています。

なんだ、ジョーダンなんですね。
なんかロシアっぽくないですね。

ジョーダンなんか言いそうもないですけど、
キャスターはこらえていたそうですが、笑いが周囲から漏れていたそうなので、首相が真面目な顔をして、
ジョーダンをいうのも普通になっているんですね。

ちょっとイメージが変わりました。
もしかしたら、ジョーダンに見せかけて、暴露したかった、なんてこともあったりして。

ネットユーザーからは、
blockquote>「映画の宣伝にしては遅いからなこれは事実だろう」
「この人ロックだかヘビメタ好きで結構アメリカンな人だから 」
「わるいが、ロシアが好きになった」
「何で元ロシア大統領がハリウッド映画の宣伝してるんだよw 」

などの意見が見られます。

しかし、なんで今頃『メン・イン・ブラック』揶揄するんですかね。
何かの意図でもあるのでしょうか。

しかし最近では、2012年地球終末説をうけ、
中国では今月初めに湖北省武漢市内で「世界終末論」の宣伝ビラを大量に散布したとして女性5人が身柄を拘束され、重慶市内でも「世界終末論」を流布したとして4人が行政拘留処分を受けるなど中国国内に広まりを見せていて、当局が取締を強化しています。

フランスでは、12月21日が近付くにつれ、終末論者らが聖地とあがめる南部の小村ビュガラッシュに数百人という人々が世界各地から押し寄せ、住民らが警戒を強めています。

この件に関して、アメリカ航空宇宙局「NASA」はわざわざ「マヤ暦によると2012年12月21日に地球は滅亡する」や「惑星が地球に衝突して地球は滅びる」という噂を否定するムービーをアップし、世界は滅亡しないという声明を発表しています。

sponsored link

1件のコメント

  • 匿名

    今日か。なんか起こるかな

コメントを残す