台風17号 30日夕方から近畿から関東に最接近のおそれ 2012

sponsored link

非常に強い台風17号は四国の南の海上を北東へ進み、30日夕方から夜にかけて近畿から関東にかなり接近して上陸するおそれがあります。
気象庁は、猛烈な風や土砂災害、浸水などに厳重に警戒するよう呼びかけています。

(NHK 9月30日 9時4分)

このままだと30日夕方から夜にかけて近畿から関東の沿岸にかなり接近し、上陸するおそれが高いです。
東海地方の方は特に注意が必要です。
すでに西日本や北日本では空気が湿っていて雨が強まっていまる模様。

東京周辺は30日の夜中に暴風域に入るという予想で、1日の朝には三陸沖に抜けてしまっているはずなので
月曜日の通勤には影響少なそうです。

10月1日あたりでの予想最大風速は、近畿・東海で40メートル、四国・関東・伊豆諸島で30メートル、東北で28メートル、九州南部・北海道で25メートル。最大瞬間風速は55~35メートルと見込まれますので、かなり注意が必要です。

2011年9月13日に発生した台風15号の時は神奈川県相模川に架かる橋の上で、トラックなど8台が相次いで横転し、
横浜市内では強風にあおられて転倒し1人が亡くなっています。
やはり風に煽れれて怪我をされたり、飛んできたものに当たって負傷したりする方が多いようです。
特に傘などは、以前話題となりましたが、捨て置く人がいますが風に煽れれて飛んでくると大変危険ですので、
壊れたからといって傘を捨てていくのは絶対におやめください。

また最近では落雷による被害が相次ぎましたので、30日深夜は関東地方でも、落雷、突風には十分気をつけて、
雷が近い時は無理をせず、建物などの下で、雷が離れるのを待ちましょう。
とにかく慎重に行動することが大切です。

sponsored link

コメントを残す