加藤嘉一氏、経歴を詐称を謝罪 中国版Twitter「中国から出ていけ」

sponsored link


「中国で一番有名な日本人」と言われる国際コラムニストの加藤嘉一氏(28)が
経歴を詐称していたということです。

「東大に合格したがそれを蹴った」との経歴について
東大には合格していないことが分かりました。

中国と日本の架け橋として、尽力してくれていて期待していてだけに、
なんかショックですね。
もちろん経歴と今までの行動とは関係ないですけど、
加藤さんの言葉に対しての信憑性がだいぶ薄れてしまいますね。

加藤さんは自身のブログで

 「自分の幼稚で傲慢な無知を悔いており、過ちを改め、信頼される人間になりたい」

とコメントしていますが、ネットにはその他にもおかしな所が挙げられています。

中国での著書で「日本の公費派遣留学生」と記していますが、
日本の著書には「中国教育部の費用で留学した」と矛盾している点。

書籍で「北京大学朝鮮半島研究センター」研究員と肩書きが
載っていますが、中国のネット番組『中国時刻』が、北京大に
そのような名前の研究所は存在しないと報道しています。

書籍『中国的邏輯』には「慶応大学SFC研究所上席研究員」という肩書で載っていますが、
実際のところは訪問研究員で上席研究員の職務に就いた記録はないそうです。

その他にも全国柔道大会で4位に入賞したというのも嘘だとか、
胡錦濤から「面会を求められた」との話も証拠がないなど、子供のような
嘘もついていたようです。

なんか本当に残念でなりません。
中国のメディアに「道徳心を重視して欲しい」と
書かれてしまった加藤さん。

「過ちを改め、信頼される人間になりたい」

実力があっても誠実ではない加藤さんに世論はどのような
評価を下すのでしょうか。

sponsored link

コメントを残す