亀田興毅WBA世界バンタム級チャンピオン防衛戦決定 相手は同級暫定王者

sponsored link


バンタム級チャンピオンの亀田興毅選手が5度目の防衛戦を行うことが決まりました。
いままでマッチメイクに対して疑問の声が多く上がっていただけに、今度の暫定王者との指名試合に
「この選手に勝てば亀田は強いと言われる。やりがいがある」
と、ヤル気の満々のコメント。

相手のウーゴ・ルイス選手は31勝(28KO)1敗の現在24歳。
この年でこの戦績は凄いですね。

いくつか試合を見る限りでは、そんなに器用な選手ではないですね。
目もそんなに良くないみたいで、アルセ選手の左フックをまともに何度も食らっていました。
スピードも亀田選手ほどありません。

自分のペースでじわじわ攻めてくるタイプですね。
かなりしつこい感じがします。
身長があり、リーチも長いですが、近づいてからのアッパーも得意のようです。

予想では亀田選手のスピードにはついていけず、左ストレートをまともに食らうかも知れません。
しかし、早い段階で倒せずに、後半までもつれ込むと、亀田選手も失速し、だらだらとくっついての
打ち合いになり、前半の貯金でなんとか判定勝ちという、またいつもみたいに、いろいろ言われかねない結果になってしまうかも
しれません。気を抜いてるともしかしたら逆に倒される恐れもあります。(ボディも効いてきそう)
メキシコの人の粘りは半端ないですからね。

亀田選手には早い段階で、スピードで翻弄し、左ストレートで倒して、
そして「亀田興毅はこんなに強いんだ」ということを証明してもらいたいです。
頑張れ亀田選手!!

映像はウーゴ・ルイス選手が4階級制覇王者ホルヘ・アルセの弟、フランシスコ・アルセ選手との第一戦目の試合です。

sponsored link

コメントを残す