中谷仁、現役引退を発表 左目負傷はイジメが原因か?

sponsored link


巨人の中谷仁捕手(33)が4日、現役引退を発表した。1997年ドラフト1位で阪神へ入団し、2006年に楽天へ移籍。昨オフのトライアウトで巨人入りも、今季は5試合に出場、2打数無安打だった。この日、スーツ姿でG球場を訪れ「15年目で初めてビールかけをやり、忘れられない思い出の一つになりました。実績も全然ないのに、15年間もこの世界でプレーさせてもらった」と感謝の思いを口にした。

 プロ2年目に左目を負傷する事故で視力が低下する不運にも見舞われながらも、通算111試合で打率1割6分2厘、4本塁打、17打点。今後は未定だが「指導者になりたい気持ちは高校からの夢の一つ」と話した。

(スポーツ報知 10月5日)

巨人から戦力外通告を受けて引退を決断したそうです。
中谷仁捕手は、
「大してうまくもないのに15年間も働かせていただいた。3球団に感謝でいっぱいです」
とあいさつを述べていますし
中谷仁捕手の人柄が伺えるコメントですね。

そんな中谷仁捕手がプロ2年目に左目を負傷し、視力が低下した事故について、
ネットではまことしやかにあるウワサが立っています。

それは中谷仁捕手が阪神でプレーしていた頃、中込伸選手から携帯電話を投げつけられて、
起きた事故であるというのです。事故というか故意なら事件ですね。

中込伸選手はネットでもすこぶる評判が悪く、元阪神・近鉄、現楽天の山村宏樹選手もいじめられて、
そのせいで自律神経失調症という病気になってしまったという話まで出ています。

中込伸選手は2001年に阪神を退団後、台湾に渡り「兄弟エレファンツ」で監督を務めて、
台湾全土を揺るがせた八百長事件に加担し、台湾警察から逮捕され
懲役1年8か月、執行猶予4年という判決が下され台湾球界から永久追放されたそうです。

なんとも…豪快な方ですね。(笑)

イジメがあったかどうかはわかりませんが、
自身の夢でもあった指導者になるという目標に向かって、
頑張ってください。応援しています。

15年間本当にお疲れ様でした。

sponsored link

コメントを残す