ヴォルク・ハン引退記念興行 2012年12月16日船木誠勝と対戦

sponsored link


あのヴォルク・ハン選手が船木誠勝選手と 2012年12月16日に神奈川・横浜文化体育館で
引退試合を行うことが決定しました。

て、いうかヴォルク・ハン選手が現役だったことにメチャメチャ驚きました。
リングス全盛時にハン選手のコマンドサンボのビデオを買った覚えがあります。
たしかハン選手とアンドレイ・コピィロフ選手が二人でず~っとコマンドサンボの技を見せていくというものでした。
ものすごく長かったような気が…

本当にハン選手の登場は衝撃的で、立った状態で関節技をかけ、相手を思い通りに操ったりしていました。
その頃はまだUFCが始まる前で、総合格闘技とはっきり銘打っている団体はなく、修斗や、シュートボクシング、
北斗旗やこのリングス(UWFも)なんかが総合に近いルールとしてやってました。

それでも関節といえばお互いがグラウンド状態になって寝技の掛け合いと、いうのが常識でした。
そこに立ったまま腕を取って固めてしまうという、合気道や少林寺拳法に近い技を試合で出していたことに
驚きました。コマンドサンボは本物だと。

それから暫くして、UFCが始まり、なんでもありというルールに移行し、(最初金的もあったような…)
それから、今のような総合格闘技の一般的なルールが確立して行きました。

しかし、このルールができてから、たった状態で打撃、隙を見てタックル、倒してマウント、
そして膠着状態と、すごく合理的なのかも知れませんが、昔のリングスのような面白さは、
無くなってしまいました。試合がみんな同じようなものになってしまうからかも知れません。

リングスみたいにいろいろな格闘技の人が、いろいろな戦い方をするのが新鮮だったんですが。
総合が始まり、格闘技ブームが起きるにしたがって、以前の格闘技ファンとしては、
格闘技から離れてしまったわけですが、MAXも魔裟斗さんが去り、年末3番組同時放送なんていうのも
懐かしい話になってしまいましたね。最近じゃ民放で格闘技番組を見ることがありません。
完全に格闘技ブームは終わったみたいですね。

そこに来てリングスでハン選手の引退試合ですから、まだやっていたのか!!って
びっくりしてしまいました。しかも船木選手が相手とは。
あれ、船木選手、ヒクソンに負けて引退したのかと思っていたのですが…
いえ、いいんです!この二人の試合が見れるだけで最高です。
願わくば、現役から離れていた選手特有の「ありゃ~」って動きだけは見せないでほしいです。

昔の機敏さはなくてもベテランの貫禄、テクニックを存分に発揮して、
最高の引退試合を飾ってください。

sponsored link

コメントを残す