ムラソイ 福島第1原発 1キロ当たり 25万4千ベクレルの放射性セシウムを検出 画像

sponsored link

ムラソイ

東京電力は18日、福島第1原発の港湾内でとったムラソイから、魚類では過去最大値となる
1キログラム当たり25万4千ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。
国が定める一般食品の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)の2540倍に相当する。

このムラソイを1キログラム食べた場合の内部被ばく線量は約4ミリシーベルトと推定される。
東電は今後、港湾内の魚が外洋に移動しないよう港湾口に網を設けるほか、港湾の内外で駆除も進めるという。
(引用元 東京新聞 )

2540倍って…


なんか数字が大きすぎてわけがわからなくなってきました。

仮に200グラム食べたら、0.8ミリシーベルト被曝するそうです。

日本人が一年間に自然界から被爆する年間被爆量は、1.5ミリ・シーベルトだから、

200グラム食べたとして、年間被曝量の半分を超えてきますね。

しかも食してしまったら、内部被曝になるので、体にとどまってしまうのでは?

セシウムは体内から排出されやすいそうですが、筋肉や血液に入ると、骨髄や腸管が障害を受け、
がんなどの原因となるおそれがあるんだそうです。

福島第一原発港湾

東電は港湾内の魚が外洋に移動しないよう港湾口に網を設けると言っていますが、
湾内の魚を全て網で留めておけるとは到底思えません。

内外で駆除といっても…

またなんか適当なことを言っているようにも聞こえますが、
どうしようもないんでしょうね。

何にもしてないと言われないように、
一応対策を練っていますよ的に伝えているのでしょう。

今までは自由に出入りしていたわけで、すでにこういう海産物が、
誰かに食されている恐れもあるんでしょうね。

ムラソイ

昨年8月には福島第一原発から北に約20キロ離れた沖合でとれたアイナメから、
1キロあたり2万5800ベクレルの放射性セシウムが検出された

と発表があり、調査範囲を広げていたら、

昨年の11月2日には福島第一原発の港湾内で採ったマアナゴから放射性セシウムが
1キロあたり1万5500ベクレル検出された

そうです。

そして今回、8月の2万5800ベクレルを大きく上回る、
25万4千ベクレルですから、およそ10倍ですね。

どうなってしまうんでしょうか。

ちなみにムラソイという魚は、

学名:Sebastes pachycephalus 英名:Spotbelly rockfish
地方名:ゴマカシ、モブシ 
脊椎動物門−硬骨魚綱−カサゴ目−フサカサゴ科
特徴
両眼の間には深いくぼみがある。頭にあるトゲは硬くて強い。体色や背びれの基部にあるうろこの状態などから、ムラソイ・ホシナシムラソイ・オウゴンムラソイ・アカブチムラソイの4型に分けられているが区別するのは難しい。体色はだいたい黒色である。卵胎生で春から初夏にかけて仔魚を産む。肉食性である。

分布:北海道南部以南の各地、朝鮮半島南部、中国 大きさ:35cm
漁法:  食べ方:煮付け
(引用元 Weblio 辞書)

塩焼き、煮つけがもっとも向いている料理で、
鮮度が良ければお刺身でも美味しいそうです。

汚染されたムラソイは食べたくはないですけどね。

sponsored link

コメントを残す