マルヤにTOB ゼンショーホールディングス初めてのスーパー買収

sponsored link

 
牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーホールディングスは3日、食品スーパーのマルヤ(埼玉県春日部市)を買収すると発表した。
マルヤに対する株式公開買い付け(TOB)で株式の過半数を取得し、子会社化する。買い付け総額は最大で約34億円。

TOBは4日から11月1日までで、マルヤ株1株を150円で取得する。マルヤ側もTOBに賛同しており、大株主である創業者やその関連会社もTOBに応じる。東証2部の上場は維持する方針だ。

マルヤは1962年に設立され、埼玉県や千葉県などで計48店舗を展開している。2012年2月期決算の営業収益は251億円。スーパー間の安売り競争や個人消費の低迷を受け、赤字が続いていた。

(読売新聞 10月4日)

あのマルヤが営業損失は3億8800万円で6期連続の赤字だったなんて知りませんでした。
いつもかなりの人が入っているイメージがあったのですが、休みの日だけで平日はあまり客が来てなかったのでしょうか。
なんとなくマルヤって、バーベキューに行くとき、途中で寄っていくスーパーというイメージがありますが、
なんでだろうと調べてみたら、埼玉の長瀞や嵐山渓谷などへ向かう途中辺りに結構あるんですね。

それにしても外食産業のゼンショーが小売業のマルヤを買収するというのは面白いですね。
ゼンショーの仕入れ網を使えば、もっと安い仕入れができるとのことですが、
普通に考えるとスーパーのほうが仕入れに長けているように感じるのですが、
一個一個の仕入れ数が半端ないですから。
でもゼンショーのほうがグループ全体で見たらスケールメリットを大きいのかな?
内情はわかりませんが。

マルヤの株価は14時を回ってもストップ高の160円で買い気配を続け、
ゼンショーホールディングスによるTOBを好感する相場になりました。
明日以降、200円を超えるてくるようなら、中長期視点に切り替える姿勢もありのようです。

sponsored link

コメントを残す