ノーベル医学生理学賞 山中伸弥京都大学教授ら2人に授与 賞金約9800万円

sponsored link


スウェーデン王立カロリンスカ研究所は8日、2012年のノーベル医学生理学賞を、京都大iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授(50)に贈ると発表した。受賞理由は「細胞の初期化」。英ケンブリッジ大のジョン・ガードナー博士と共同受賞。
 山中教授は四つの遺伝子(山中ファクター)の導入で、皮膚などの体細胞から、さまざまな細胞に分化する能力のある幹細胞に初期化する技術を世界に先駆けて実現、iPS(人工多能性幹)細胞と名付けた。再生医療や難病の原因解明、新薬開発につながる画期的業績で、新たな医学の可能性を開いた。
(京都新聞 10月8日)

 山中教授は、いろいろな細胞になることができるES(胚性幹)細胞で働いている遺伝子を解析し、
初期化に重要な四つの遺伝子を見つけ出し、細胞を人為的な操作で受精卵と同じような発生初期の状態に戻すことが
可能であることを実証し、再生医療や難病の治療、研究に新たな可能性性を示した点が高く評価されたそうです。

今回ノーベル賞を受賞した山中教授は、1962年9月4日大阪府に生まれ、神戸大医学部を87年に卒業。国立大阪病院臨床研修医を経て大阪市立大医学研究科博士課程修了し米グラッドストーン研究所に留学。
大阪市立大助手や、奈良先端大教授をなどを経て、2004年に京都大再生医科学研究所教授就任、
2008年1月からはiPS細胞研究センター長、10年4月から京都大iPS細胞研究所所長で今に至ります。
山中教授は数々の賞を受賞していて、
07年に大阪科学賞、08年に紫綬褒章、ロベルト・コッホ賞、島津賞、京都新聞大賞、 武田医学賞、09年にガードナー国際賞
、アルバート・ラスカー基礎医学研究賞。10年に文化功労者、京都賞、奈良先端科学技術大学院大学栄誉教授称号授与。
11年にウルフ賞。12年にフィンランド・ミレニアム賞などなど、数え上げたらきりがないほど、
いろいろな賞を受賞している天才なんですね。

そんな天才の山中教授ですが、臨床研修医時代、他の医師が20分で終わるような手術に2時間位かかってしまい、他の医師からは、
「やまなか」ではなく、「じゃまなか」と呼ばれ、邪魔者扱いされたというエピソードがあるそうです。
やはりどんな天才も最初から天才だった訳ではないんですね。
おそらくとんでもないほどの努力があって初めてこのような数々の賞を獲ることができるのでしょう。

研修医時代に重症になったリウマチの患者さんを担当し、全身の関節が変形してしまった姿を見てショックを受け、
重症患者を救うために研究者を志すようになったそうです。
立派な志ですね。

このような方が受賞されたことは、嬉しい限りです。
これからも医学の進歩への貢献が期待されます。

授賞式は12月10日にストックホルムで開かれるそうで、
賞金は、約9800万円だそうです。

sponsored link

コメントを残す