ナニーとはどんな仕事?子育て士,育児法 なりたい職業ランキング 傭兵,暗号作成者も

sponsored link

村上龍さんの著書「13歳のハローワーク」の公式サイトで行なわれた人気職業ランキングの1位は「ナニー」だったそうです。

「ナニー」って?となる人が多いと思います。


人気職業ランキング(2013年1月) | 13歳のハローワーク 公式サイト

ナニーとは「13歳のハローワーク」公式サイトによれば、

保護者に代わって一時的に子どもを預かり、面倒を見るのがナニー。ベビーシッターとの違いは、単なる身の回りの世話にとどまらず、しつけや勉強、情操教育など乳幼児教育の専門家としてケアをする部分。保護者から直接依頼を受ける、ベビーシッター派遣会社を介して働くなどの方法があるが、いずれも依頼主の自宅に訪問して働くことがほとんどで、時には住み込みで仕事をすることも。特別な資格は必要ないが、イギリスには伝統的なナニー養成校があり、ホームステイ実習や幼児への英語指導など英国式乳幼児保育を集中して学ぶことができる。このため、専門知識を学びたい人や、保育士などの資格を持っている人が将来的な独立を目指して留学するケースも。女性の社会進出や産後の職場復帰が増え、幼児教育への関心が高まっているなかで、今後はナニーの必要性もさらに増していくだろう。

とのこと。

赤ちゃんの専属家庭教師みたいなものでしょうか。

ちょっと前にチャイルドマインダーなるものが騒がれていましたが、あちらとは何が違うのでしょうか。

本当に大まかに言うと、ナニーは依頼主の自宅に訪問するのがほとんどで、チャイルドマインダーは、
チャイルドマインダーさんの家に子供を預け面倒を見てもらうという事だそうです。

どちらも発祥はイギリスのようですね。

ナニー

どちらもとくに資格は必要ないみたいですね。

しかし、チャイルドマインダーは地方自治体に登録することで専門性を持った職業人として認められるそうですが、ナニーの場合は多くの人が、今は資格を持って働いていることが多いようです。

でも何故子供がこのような職業について知っているのか?しかも1位になるほどの認知度があるのか?
不思議ですよね。

大人でも知っている人が少ないのに。

「13歳のハローワーク」公式サイトの閲覧者だけによるアンケートだからということですかね。

よくわかりません。

他に気になる職業として、シャーマン、傭兵、暗号作成者などもあります。

シャーマンは、

超自然的存在と直接接触・交流・交信する役割を主に担う役職。呪術者・巫・巫女・祈祷師・ムーダンなど。

傭兵は、

金銭などの利益により雇われ、直接に利害関係の無い戦争に参加する兵またはその集団

暗号作成者は、

電子商取引、銀行などでの個人情報保護プログラム専門の技術者

暗号作成者は時代を反映しているように感じますね。

傭兵も確かに最近の不穏な空気を感じれば、わからなくもないですが、元傭兵などの話などから、
影響を受けているのかもしれません。

テレンス・リーさんや毛利元貞さんなどが有名ですね。

傭兵

子供の頃って、そういうものに憧れたりしますが、1位のナニーの現実的な感じとは
随分違いがありますね。

世の中の情勢によっては傭兵も現実味を帯びてくることもないとはいえませんが…

シャーマンは、美輪明宏さんや、江原啓之さん、木村藤子さんなどの影響が大きいでしょう。

シャーマン

最近では「スピリチュアル女子大生CHIE」さんという方が話題のようです。

しかし、こちらは先天的に素質がないと難しいように感じます。

いくらシャーマニズムを研究したところで、声が聞こえてくるわけではないでしょうから。

しかしこうして見るといろいろな職業があって、子どもたちも色々な職業を知っているんですね。

自分の時は、スポーツ選手やサラリーマン、自営業、公務員ぐらい大雑把にしか知らなかったですね。

自分だけかな?

とにかく村上龍さんの「13歳のハローワーク」のお陰で、子どもたちがいろいろな職業を知って、
仕事について考える指針になっている事は間違いなさそうです。

sponsored link

コメントを残す