ティーナカリーナ、日本レコード大賞新人賞「あんた」歌詞 本名は?年齢は?画像   

sponsored link


関西弁のストレートなラブソング「あんた」が話題のティーナカリーナさんが、
2012年12月30日に行われる、
「第54回 輝く!日本レコード大賞」の新人賞に選ばれました。
おめでとうございます。

ティーナカリーナさんは、26歳の女性シンガーソングライターで、日本の方です。
外人ぽい名前ですが、本名の「田中里奈」さんをもじってつけたようです。
そう聞くと、面白い名前に聞こえますね。

もともとオペラ歌手で音楽教師の父と、ピアノとエレクトーンの先生の母親の間に生まれた、
言うなれば音楽サラブレットなんですね。

中学で吹奏楽とボイストレーニングを始めて、大学進学後は友人とユニットを組んで
アルバイトをする傍らにライブに出ていたそうです。

大学卒業後もアルバイトをしながら音楽活動を続けていたティーナカリーナさんですが、
ある日おじいちゃんに、

「結婚せえへんのか?」

と言われて、

「あ、私はもうそんな年齢なのか」

と、ハッとして、本気で音楽に取り組みだしたそうです。

本気になったティーナさんは、50本のデモテープをいろんな音楽事務所に送ったんだそうです。
やりますね。

そして2年後、ティーナさんもデモテープを送ったことを忘れかけていた頃に、
「エドワード・エンターテインメント」というMONKEY MAJIKやGReeeeNを輩出した事務所から
連絡が来たそうです。
ティーナさんの本気の思いが届いたんですね。

デビュー曲の「あんた」は部屋で1人ほろ酔いになりながら作ったんだそうです。

「当時ここまで自分の胸の内をさらけ出した詞はなかったんです。というか、この曲しか関西弁で書いたこともなくて」

とのこと。

歌っている時は心を削って歌っているそうです。
なのでめちゃめちゃ消耗するんだとか。
その思いが聞いてる人に伝わるんですね。

26歳から本格的なアーティスト人生を歩み始めたティーナさん。
これからどんなストーリーが彼女を待っているのでしょうか。
これからが楽しみなアーティストですね。

ティーナ・カリーナ 『あんた』

「あんた]
歌詞はこちら

 

sponsored link

コメントを残す