シェールオイルが秋田・鮎川油ガス田で国内初採取成功

sponsored link


資源開発大手の石油資源開発(JAPEX)は3日、秋田県由利本荘市の「鮎川油ガス田」で進めていた試掘作業で、地中深くの岩盤に閉じ込められている原油「シェールオイル」を採取した。新たな資源として注目されているシェールオイルの採取に国内で成功したのは初めて。
 JAPEXは1日に鮎川油ガス田で試掘作業を開始。深さ1800メートルの地層に酸を含む液体を注入し、岩を溶かしてシェールオイルを採取しやすくする作業を進めた。注入した液体を回収、分析した結果、原油が混じっているのを確認した。
 シェールオイルの生産は海外で本格化しているが、採算性の問題などから日本国内では採掘されていなかった。JAPEXは今回の試掘で得られたデータなどに基づき、本格的なシェールオイルの生産が可能か見極める方針だ。
 秋田県内には国内の年間石油消費量の約1割に当たる計1億バレルのシェールオイルが埋蔵されている可能性があるとみられている。 

(時事通信 10月3日)

昨日10月2日に日本近海に存在するメタンハイドレートの掘削を2013年1月にスタートするというニュースが流れていましたが、
またもや日本でエネルギー資源の確保が可能となる明るいニュースが飛び込んできました。

昔から日本は資源がないと言われ続けてきましたが、最近の流れ、どうですか、他にもまだ実用可能かどうかは
わかりませんが、地熱発電や太陽光発電、勝谷誠彦さんがおすすめするオーランチオキトリウムなど、今まで資源は無いと
言われていたのが嘘のようです。

まだどれも実際に使用されたわけではありませんが、このシェールガスなどは間違いなく利用されるはずなので、
外交交渉にも優位に働くと見ています。

その他にも”都市鉱山”という稀少金属や稀土が工業製品として存在していて、
金、銀、鉛、インジウムは、国別埋蔵量の順位で日本が第1位に相当する量の
埋蔵量だと言われているそうです。

あと、日本で資源といえば”水”ですね。
それに南鳥島周辺の排他的経済水域内の海底に、レアアース(希土類)を大量に含む泥の大鉱床があることを
東京大の研究チームが発見しています。

なんだか先が明るくなってきましたね。
TPP参加問題の時、NTTとユニクロの社長さんが資源のない日本が参加しないで
どうすると、いうようなことを述べていましたが、今ならどのようにお答えになるか
聞いてみたいですね。

TPPでは水資源の問題も含んでいるので、かなり慎重に交渉に
臨んでもらいたいものです。

せっかく他のエネルギーが確保できても、国内の水が外国資本に
握られて、みんな国外へと輸出されてしまったら、目も当てられません。

日本もいつも交渉の場では遠慮がちになり過ぎなので、もっと自国に自信を
持って交渉できるように、これからはなっていって欲しいものです。

sponsored link

コメントを残す