ゴビ砂漠 黄砂 日本列島覆う PM2・5と結びつきより遠くへ飛来可能へ 呼吸器疾患など健康被害が心配

sponsored link

本日10日にも中国から飛んでくる黄砂が日本列島をすっぽりと覆う可能性が出てきています。

その黄砂に微小粒子状物質「PM2・5」が結びついて飛んで来る恐れがあるそうです。


PM2・5

関連記事:中国国土の4分の1がスモッグに 疾患を引き起こす微小粒子状物質「PM2.5」日本に

今年も偏西風に乗って日本に運ばれてきた黄砂がピークを迎えるとみられる4月に、
今年になって初めて、日本を覆う可能性があります。

毎年、数回ほど日本列島を覆うことがあるそうですが、
今年懸念されているのが、微小粒子状物質「PM2・5」と
黄砂が結びつき、余計に遠くまで飛来しやすくなる可能性が
出てくるんだそうです。

たまったものではありませんね。

先日も中国で、

2010年に大気汚染が原因と疑われる症状で早死にした人が120万人を超え、
脳血管疾患が約60万人
肺疾患が約20万人
虚血性心疾患が約28万人
呼吸器感染が約1万人
気管や肺などのがんが約14万人
合計123万4000人に上った。

という報道があったばかりです。

今年の黄砂は、中国大陸内陸部のゴビ砂漠で強風により舞い上がった砂が、
風によって運ばれる途中で中国の大都市を通過する事により、大気汚染物質の硫黄酸化物や窒素酸化物を吸着してしまうようです。

PM2・5

本当になんとかしてもらいたいのもです。

おそらくここ数日がピークになると観られているので、
自治体などではマスク着用を促しているようです。

高い信頼性(日本製マスク)【pm2.5・黄砂対策】【鳥インフルエンザ対策】 【ブリッジ ドクターマスク(メディカルマスク) Mホワイト 50枚入】 医療現場で使われているマスク

【PM2.5対応/N95規格フィルター】【安心の日本製マスク 50枚入(個別包装)】ウイルス対策マスク ※一般財団法人カケンテストセンター(旧:日本化学繊維検査協会)検査済


sponsored link

コメントを残す