オルフェーヴル惜敗 欧州に鮮烈な印象を残した凱旋門賞

sponsored link


7日に行われた世界で最も権威のあるフランス競馬の第91回凱旋門賞に挑戦したオルフェーヴルは首差の2着と惜敗し、
日本馬初優勝は成りませんでした。。
しかし、ゴール寸前まで先頭を守った堂々たる走りは、欧州競馬界にも鮮烈な印象を与えました。

今回オルフェーヴルに騎乗したクリストフ・スミヨン騎手は「未知のコースでこれだけのレースをした。これまでに乗った中で最高の馬だ」
と絶賛し、優勝したソレミアのペリエ騎手も「クリストフが先頭に出た時は、そのまま逃げ切られると思った」と焦ったほど。

いや~来年こそ日本の馬が勝つところを是非見せてほしいものです。
調教師の池江さんは「私の技術が世界レベルになかった。日本の三冠馬が世界のトップクラスにいることは証明できた。
また出直して勝つために戻ってきたい」と述べ、
「どうしたらこのレースで日本の馬が勝てるか、これを糧に再チャレンジしたい」と来年に向けて、
意欲を表しました。

間違いないです、来年こそは勝ちます。

今回の賞金は
第91回凱旋門賞(日本時間7日、仏ロンシャン競馬場、GI、3歳上、せん馬不可、定量、芝2400メートル、1着賞金228万5600ユーロ(約2億2856万円)

凱旋門賞(がいせんもんしょう、フランス語: Prix de l’Arc de Triomphe)はフランスのロンシャン競馬場で毎年10月の第1日曜日に開催される競馬の競走である。距離は芝2400m。ヨーロッパ最大の競走の一つで、国際的に著名なスポーツの催しである。
(Wikipより)

sponsored link

コメントを残す