ウォシャウスキー姉弟?兄弟では?兄、ラナウォシャウスキー性転換 トランスジェンダー?

sponsored link

ウォシャウスキー姉弟
「マトリックス」シリーズで有名な、映画監督、脚本家、プロデューサーのウォシャウスキー兄弟。

その兄のラリーウォシャウスキーが、性転換して女性になっていたそうです。
なので、1月24日に10年ぶりに来日する際は、「ウォシャウスキー姉弟」としていらっしゃるそうです。


今は性転換をして、ラリーからラナになっています。

ウォシャウスキー姉弟

そこで、ブラザーズ(兄弟)と呼ぶことができなくなり、
冗談で、メンバーの変更にともない名前をジェファーソン・エアプレーンからジェファーソン・スターシップに変えたロックバンドを引き合いにして、

「ウォシャウスキー・スターシップです」

と、監督が自己紹介したそうです。

もしかしたら、これが本当に定着するかも知れないんだとか。

ラナがトランスジェンダーであるとする噂は2000年の頃からありましたが、本人たちはこのことについて、
言及することはありませんでした。

ラリー・ウォシャウスキー

2008年の「スピード・レーサー」の後に性別適合手術を終えたそうです。

トランスジェンダーとしていじめにあった子ども時代、自殺未遂を図ったこともあったんだとか。

ウォシャウスキー姉弟

ラナは、

「朝方、海に行ってサメに食われてしまうか、またはボートにぶつかるかして死ぬことを毎日望んでいた」
「ずっと長い間自分をトランスジェンダーだと認めることができなかった。でも、本当のありのままの自分を受け入れるようになってから、両親に話す時が来たと思った」

と、その苦しかった胸の内を語っています。

本当に辛い時を過ごしてこられたんですね。

今は元妻のシーア・ブルームさんと離婚して、現在、イルザ・ストリックスさんという方を内縁の妻にしているそうです。

このイルザ・ストリックスさんという方は、いわゆる”女王樣”らしくて、その世界ではかなり有名な方なんだとか。

そしてイルザさんの元夫は元女性で今は男性に性転換しています。

なんだかわけがわからなくなってきました。

まあ、アメリカっぽいといえばアメリカっぽいですが。

ウォシャウスキー姉弟

先程から出ている「トランスジェンダー」という言葉は、
生まれもった「性」とは、異なる性別を自認している個人やグループをさす言葉なんだそうです。
しかし世界的に承認された普遍的定義はもたない言葉なんだそうです。

今回新作「クラウド アトラス」を引っさげて、タッグを組んだ奇才トム・ティクヴァ監督と10年ぶりに来日するウォシャウスキー姉弟。

原作の同名小説「クラウド アトラス」の著者デヴィッド・ミッチェルの最高傑作と呼び声高い作品の映画化に、マトリックスを超える革命が起きるのではと、話題沸騰のようです。

この3人から目が離せませんね。

sponsored link

コメントを残す