ぴんからトリオの宮史郎さん死去 「女のみち」大ヒット 多臓器不全 69歳 動画

sponsored link


「ぴんからトリオ」のメンバー宮史郎さんが亡くなりました。
多臓器不全だったそうです。
まだ69歳とお若かったのに残念です。

宮さんは兄の宮五郎さんと並木ひろしさんの3人でコミックバンドぴんからトリオを結成し、
「女のみち」を約400万枚売り上げ、その後も「女のねがい」「女のゆめ」とヒットさせていきます。
並木ひろしさんがが脱退し、ぴんから兄弟となり『第24回NHK紅白歌合戦』に出場します。
その後、ぴんから兄弟は解散して、ソロ歌手として活動していました。

2010年にはソフトバンクの白戸家CMで、浜崎あゆみさんと共演して話題となりました。

デビュー曲の「女のみち」が325.6万枚を売り上げ、「およげ!たいやきくん」に次ぐ
オリコンシングルランキング歴代2位という快挙を成し遂げ、最近でもソフトバンクのCMで活躍と、
これだけ長い間、第一線で活躍された方も珍しいですね。
宮さんの偉大さを感じます。

心よりご冥福をお祈りします。

たった10枚の自主制作レコードから始まった「女の道」
その道は320万枚を超える大ヒットへと続きました。

sponsored link

コメントを残す