きゃりーぱみゅぱみゅ 急性声帯炎 完治 「喉から血が」 年末は金爆と病院でバッタリ

sponsored link

きゃりーぱみゅぱみゅ
昨年末、日本レコード大賞やNHK紅白歌合戦で活躍するも、急性声帯炎と診断されたきゃりーぱみゅぱみゅさん(19)。

1月5日に自身のツイッターで急性声帯炎がほぼ治ったと報告しました。


昨年はイベントで転倒し、鼻の下を3針縫うケガを負ったり、ノロウイルスに罹ったりと、
なかなか大変な一年だったきゃりーさん。

きゃりーぱみゅぱみゅ ノロウイルスに?ツイッターで報告 本名と過去とすっぴん画像公開

12月25日にはツイッターで、

「喉から血が出た」

と、ショッキングな報告にファンは心配していましたが、
その後病院へ直行。

きゃりーぱみゅぱみゅ

レコード大賞、紅白と出演が危惧されていましたが、どちらもしっかり歌い上げました。
しかし紅白出演後、報道陣の取材に何度か咳き込む場面もみられました。

それから5日、

「声が完治してきた。やっほー!らー!らんらららー!らんらんるーーー!!!」
「苦しかった、、、声がでない時は本当に不安で悔しくて泣きそうになったよ」

との報告にファンも胸をなでおろしたことでしょう。

本当に良かったですね。

きゃりーぱみゅぱみゅ

そういえば、昨年の年末、疲労回復のため点滴を訪れた病院で、金爆ことゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんと、病院でばったり出会ったんだとか。

紅白の初出場会見で一ヶ月前にあった以来だったそうです。
きゃりーさんはツイッターで、

「さっき病院で鬼龍院さんとばったり会った。めちゃくちゃいい人」

と、コメント。

鬼龍院翔

これに対し、鬼龍院さんは、

「先程はばったりどうもですー お互い喉と体調には気をつけましょう」

と答えています。

売れっ子は年末、病院通いになってしまうんですかね。
忙しすぎて。

体には十分気をつけてもらいたいですね。

きゃりーぱみゅぱみゅ 紅白2012 ファッションモンスター つけまつける

sponsored link

コメントを残す